【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

北広島市の日ハム新球場は温泉付き!?【北海道ボールパーク】建設詳細発表!いつできる?新駅は?

   

札幌ドーム・球場内

北海道日本ハムファイターズの新球場「北海道ボールパーク」が2018年11月5日、正式に北海道北広島に建設されることが発表されました。

紆余曲折あった新球場建設、日ハム本拠地が札幌ドーム(札幌市)から北広島市へ移転することになります。

建設予定地の場所は以前から候補地となっていた「きたひろしま総合運動公園」で確定となりました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

北海道日本ハムファイターズ新球場「北海道ボールパーク」建設正式発表!

北海道日本ハムファイターズ公式サイト・公式Twitterなどから2018年11月5日、「北海道北広島市における新球場建設を正式発表」が告知されました。

新球場の名称は「北海道ボールパーク(仮称)」。

建設予定地は「北海道北広島市共栄(きたひろしま総合運動公園)」となっています。

 

新球場の概要、災害拠点機能を持たせ避難所としても活用

新球場の概要は以下の通り。

建設費用 約600億円 球場周辺外構部及び球場内設備・機器等を含む
仕様 開閉式屋根 天然芝フィールド
建築面積 約50,000㎡
延べ面積 約100,000㎡
収容人数 約35,000人
構造 RC造 S造
階数 地下1階、地上4階

観客の収容人数は3万5千人。札幌ドームの野球での収容人数は4万2千人なので、若干少なくなるようです。

駐車場は3千台強となる予定とのこと。

また、今回注目されているのは「災害拠点機能」を持たせたという点で、プロ野球本拠地としては初。

長時間稼働の自家発電機、食料・毛布などの備蓄倉庫を備え、ヘリポートも確保し、災害時の避難所としても活用できるようになるとのことです。

 

新球場はいつできる?建設スケジュール

球団から発表された新球場ボールパークの建設スケジュールは以下の通り。

  • 2018年11月 基本設計及び実施設計期間
  • 2020年春頃 建設着工
  • 2023年1月 竣工
  • 2023年3月 開業

イメージ画像

開閉式の屋根はなんと三角屋根の切妻。スライドして開閉するとのこと。

天然芝のグラウンド、大型ビジョン、360度どこからでもプレーが見えるコンコースなどが設けられるそうです。

YouTubeにある北海道ボールパーク公式動画を見ると新球場内外の様子がよく分かります。

 

日ハム新球場は天然温泉付きになる!?開放的な大浴場からプレイを観戦

時事通信の報道によると、左翼席上段に天然温泉の入浴施設ができるとの情報があります。

北海道ボールパークの紹介動画を見ると確かに大浴場があるのが確認できます。

また、球場の周りの公園にはバーベキューやキャンプをできる施設も造られるとのこと。

球場に行くだけで様々な楽しみ方ができるようになりそうですね!

 

ボールパークに新駅はできるのか?「きたひろしま総合運動公園」の場所アクセス地図

新球場建設に伴い問題になるのがボールパークへの交通アクセスです。

建設予定となる「きたひろしま総合運動公園」は、JR北広島駅から約1.5kmほど離れており、当初からJRの新駅を設置する案が北広島市からも出ていました。

しかし2018年11月5日発表の段階では新駅設置に関する話は出ていません。

球団側は「市やJR北海道などと今後深く協議したい」と述べているとのこと。

今回の駅建設は北広島市側がお願いする形の「請願駅」となりそうですが、そうなった場合の費用負担なども問題になりそうですね。

現在大変な状況のJR北海道ですが、ぜひ北海道日本ハムファイターズと北広島市とタッグを組んで北海道を盛り上げてほしいですね!

 

日ハム新球場 関連記事

 - 地域情報・話題 , , , , , ,