【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

北海道の注連飾りは豪華で賑やか!飾る期間・外す時期は?

   

北海道の注連飾り売り場
2015年も年末、クリスマスも過ぎて街はお正月ムードに包まれています。

デパートの入口付近ではこの時期に飾る「しめ飾り」がずらりと並んでいました。

 

この注連飾り、実は北海道だけにしかない特徴がいくつかあります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

北海道の注連飾りの特徴

北海道の注連縄
道内のスーパーで安い価格で買ってきた注連縄(笑)

鶴、おかめ(おたふく)、タイ、小判など様々な幸福を盛り込んだような豪華さです。

これはまだ地味な方で、中には七福神が乗った船が付いていたり、なんてものもあります。

 

まず異彩を放つのは中央にある「おかめ(おたふく)」です。

本州では中央に橙(だいだい・ミカン)が付くのですが、それがありません。

みかん栽培農家が無い北海道ならではの特徴ですね。

 

関東の注連飾り

関東のしめ飾り
(Photo by Wikipedia:注連縄

関東のしめ飾りは紅白と橙(だいだい・みかん)が付いています。

エビや扇子があったりなかったりで、北海道ほど派手ではありません。

私は東京育ちなのでこの注連縄に親近感が湧きます。

 

関西の注連飾り

関西のしめ飾り
(Photo by Wikipedia:注連縄

とてもオーソドックスな注連縄です。

一見すると地味ですが、伝統を感じるシンプルな美しさがあります。

 

注連飾りは西に行くにつれて地味に、東へ行くにつれて派手になっていく傾向があるようです。

 

注連飾りを飾り始める期間

注連飾りを飾り始める日にちは、地域によって異なるばあいがあるようですが、おおむね飾る時期としては、クリスマス後の26日~28日の間の期間が一般的です。

また、29日と31日は縁起が悪いということで飾るのを避けます。

 

注連飾りを外す時期

注連飾りを外す日も地域によって異なっているようです。

一般的には1月7日に注連飾りを外します

もしくは、15日の小正月後に外すというケースも有ります。

 

正月飾りは神社の「どんど焼き」で燃やす

お正月に使った注連飾りや門松などは、神社で行われる「どんど焼き」で燃やします。

どんど焼きの時期は1月中旬から下旬あたりに開催されます。

近くの神社の日程・時間を確認して正月飾りを持って行きましょう。

 

どんど焼きに行けなかった!時期が過ぎた場合の処分方法

忙しくてどんど焼きに行けなかったなど、時期を過ぎてしまうことはよくあります。

その場合の処分方法は、正月飾りを塩で清めた後、可燃ごみ不燃ごみに分けて処理します。

 - 地域情報・話題 , ,