江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

どんど焼きの由来と起源を調べてみた

   

どんど焼き
お正月に使った正月飾りを燃やす神社の行事「どんど焼き(お焚きあげ)」。

地方によって呼び名が異なり、どんと焼き、おんべ焼き、どんどん焼きなど様々あります。

由来を調べてみると、なんと「どんど焼き」は方言の一つということが分かりました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

どんど焼きの正式名称は「左義長」

どんど焼きの正式名称は「左義長(さぎちょう)」と言うそうです。

日本全国で行われている行事で、小正月に行われる火祭り行事。

地方によって呼び方が大きく異なるのが面白いところです。

 

どんど焼きが行われる日時

本来は1月14日の夜、または1月15日の朝に行われるものですが、神社によって日付が異なります。

また15日付近の週末に日程を組む神社が多くあるようです。

これは正月飾りを平日に持って来られない忙しい現代人に合わせてのことなのでしょう。

 

どんど焼きの起源

どんど焼きの起源については諸説あり、平安時代に開始されたのではと言われています。

Wikipediaには以下の様な解説があります。

当時の貴族の正月遊びに「毬杖(ぎっちょう)」という杖で毬をホッケーのように打ち合うものがあり、小正月(1月15日)に宮中で、清涼殿の東庭で青竹を束ねて立て毬杖3本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師が謡いはやしながらこれを焼いたという行事があり、その年の吉凶などを占ったとされる。
(中略)
毬杖(ぎっちょう)3本を結ぶことから「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれた
これが民間に伝わり、現在の形になったとされる。どうして現在一般的な「左義長」という字があてられたのは、不明である

左義長/Wikipedia

 

どんど焼きで燃やすもの

どんど焼きで燃やすものはお正月に使用した正月飾りの類などです。

具体的な品物名は以下のものが上げられます。

 

注連飾り、古いおふだ(御神札)、お守り、門松、書き初めなど。

 

燃やせるものは地域や神社によって異なるので、燃やしに行く場所で確認が必要です。

特にミカンやお餅など、食べ物関係はどんど焼きに入れてはいけないと注意が書かれている所が多いようです。

 

どんど焼き(左義長)各地方での呼び方一覧

どんど焼きの呼ばれ方は各地域で大きく異なります。

どのようなものがあるのか地域別一覧(五十音順)を引用します。

  • あわんとり(千葉県南部・茨城県南部)
  • お焚き上げ(神社で行事としてする場合)
  • おんべ焼き(単におんべとも)
  • 御柴灯(おさいとう)
  • かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)
  • かんじょ(新潟県村上市岩船)
  • さいと焼き(神奈川県横須賀市鴨居八幡)
  • さぎっちょ(富山県、石川県、福井県、岐阜県、高知県、福岡県)
  • しんめいさん(広島県東広島市安芸津町)
  • 道祖神祭り
  • とうどうさん(愛媛県東予地方)
  • とんど(奈良県、広島県、岡山県)
  • とんど焼き(近畿とその周辺、東京都)
  • とんど正月(兵庫県播磨地方)
  • どんと
  • どんどや(九州)
  • どんど焼き(山梨県の一部地方)
  • どんど焼き(群馬県、愛媛県南予地方)
  • とんどさん(鳥取県)
  • どんどん焼き(山梨県の一部地方)
  • ほっけんぎょう(九州)
  • やははいろ(東北)

左義長/Wikipedia

 - 神社・お寺・春まつり秋祭り例大祭 , ,