【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

【日本ハム】江別市も新球場誘致検討!候補地は野幌総合運動公園?

      2016/12/03

江別市

北海道日本ハムファイターズの札幌ドーム本拠地移転問題で、新球場の建設候補地がいくつも出ています。

その中で北広島市が正式に日ハムの新球場建設の誘致を行うことを表明したのが、2016年6月14日でした。
北広島市、日本ハム新球場誘致を表明!候補地・北広島総合運動公園【地図あり】

札幌市内でも候補地はいくつか出ていますが、札幌周辺の自治体も候補地に挙げられています。

そして2016年6月24日付の北海道新聞にて、「江別市も日本ハム新球場誘致検討」という記事が掲載されました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

江別市も日本ハム新球場誘致を検討?

北海道新聞によると江別市の日本ハム新球場誘致について以下のように報道していました。

【江別】三好昇市長は23日の定例市議会で、プロ野球北海道日本ハムファイターズが検討する新球場建設構想について、道立野幌総合運動公園(西野幌481)の活用を道と協議した上で、誘致へ名乗りを上げるかどうかを慎重に判断する考えを明らかにした

江別市も日本ハム新球場誘致検討 市長、野幌運動公園活用で 2016/06/24 /どうしんウェブ

三好昇市長が6月23日に行われた定例市議会にて、一般質問に答える形で新球場建設を検討する考えを示したそうです。

記事は以下のように続きます。

三好市長は、球団が本拠地を札幌ドームから移転する場合、新球場に加え他の運動施設や大型商業施設、ホテルなどを併設した総面積約20ヘクタール以上のボールパークを構想し「新しい人の流れやまちのにぎわいの創出にも貢献したい」とする球団側の考えを説明した。

その上で、施設周辺の交通渋滞、市の財政負担などの課題を挙げながらも、市総合計画の基本理念である活力のあるまちの実現に向け「市のスポーツ振興や経済効果など、地域の活性化に多大なる貢献が期待される」と江別への移転を評価する見方を示した。

市は今後、球団側の条件を確認しながら「全国規模の各種競技大会などの施設として利用され、一定の面積が確保できる野幌総合運動公園の活用について道とも協議していきたい」と述べた。

江別市も日本ハム新球場誘致検討 市長、野幌運動公園活用で 2016/06/24 /どうしんウェブ

現段階では誘致の正式表明ではありませんが、協議はしていくようですね。

江別市に北海道日本ハムファイターズの新球場建設となれば、日本全国から江別市に訪れる旅行者・観光客が増えることは間違いありません。

野球ファンならずとも今後の動きが注目されます。

 

江別市の日本ハム新球場候補地・野幌総合運動公園の場所・地図

日本ハムの新球場建設候補地に挙げられている野幌総合運動公園の地図です。


住所:北海道江別市西野幌481

野幌総合運動公園は、陸上競技場・総合体育館・屋内プール・テニスコート・ラグビー場・ホッケー・サッカー場などあらゆるスポーツ競技場が集まっている総合運動施設です。

これだけの広大な施設がありながら、運動公園周辺にはさらに広大な空地があり、球団が希望している「新球場に加え他の運動施設や大型商業施設、ホテルなどを併設した総面積約20ヘクタール以上のボールパークを構想」というのも可能な敷地であるように思えます。

 

最寄り駅となるJR函館本線・野幌駅からは4.0kmほどの距離にあります。

歩いていける距離ではないですが、野幌駅からは野幌総合運動公園行きのバスが出ていますし、新札幌駅からも運動公園行きの路線バスが運行されておりアクセスは便利です。

 

江別市には美味しいグルメ・スイーツがたくさんありますから、野球観戦とともに江別の食を楽しむ人が増えたりすれば素晴らしいでしょうね。

 

関連記事

 - 地域情報・話題 , ,