江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

厚別シュークリーム専門店パティスリーブール オープン日に全種類買ってみた![札幌市厚別区]

   

パティスリーブール店舗外観
札幌市厚別区厚別西3条2丁目に新しくオープンしたシュークリーム専門店「パティスリーブール(patisserie beurre)」。

パティスリー ブールのパティシエは、支笏湖・鶴雅 水の謌パティシエラボで販売されている人気スイーツ「たるまえ山シュー」「しこつ湖」などを手がけた方!

そんな名パティシエのシュークリーム専門店が2016年10月12日開業!

というわけで、開業日当日にお店に行ってきました!夕方に行ったのだけど、店内に入れないほど混雑してました~。さすがオープン日ですね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

パティスリーブールの店内

ブール店内シュークリームメニュー
パティスリーブール店内に並ぶシュークリーム。

夕方だったので売り切れているかと思いましたが、まだありました。

 

パティスリーブール店内キッチン
店内ではガラス越しにキッチンが見え、パティシエさんが作っている様子が見えます。

売り切れにならずどんどん新しいシュークリームが出てくるのは、すぐ隣で作っているからなんですね。

出来たてのシュークリームが食べられるなんて最高です!

ポイントカードもあるのでお得

パティスリーブール・ポイントカード
パティスリーブールでシュークリームを購入すると、ポイントカードが付いてきました。

購入金額500円(税込)ごとに1ポイント押印、20ポイントたまると500円分の商品券として利用できるようです。

オープンから3日間はポイント2倍キャンペーンでさらにお得でした!

 

パティスリー・ブールのシュークリーム6種類

シュークリーム6種類
オープン当日夕方に、パティスリーブールで販売されていたシュークリームは全部で6種類でした。

6種類で全部かは分かりませんが、シュークリームがこんなに種類があるって驚きですよね。

写真上段左から

  • アマンド(230円)
  • ごま(240円)
  • ノアカフェ(240円)

写真下段左から

  • デニッシュ(280円)
  • ショコラ(280円)
  • つぼ(350円)

今後、季節替わりで新商品などが出たらまた面白いですね。

 

以下、それぞれのシュークリームの感想と評価です。

 

アマンド・シュークリーム

アマンド(シュークリーム)
「アマンド」はオレンジ風味のカスタードクリームのシュークリーム。鶴雅 水の謌パティシエラボ「たるまえ山シュー」と同じ感じでしょうか。

爽やかな味とカリカリアーモンドの生地が最高です。

 

ごま・シュークリーム

ごま(シュークリーム)
生地にもゴマがまぶしてあり、クリームはグレーのゴマクリーム!

ごま好きにはたまらないシュークリームですが、胡麻クリームの味はくどくなく、サラリと食べられる新食感。

和風のシュークリームって変わってますよね。

 

ノアカフェ・シュークリーム

ノアカフェ(シュークリーム)
コーヒー味のシュークリームです。しっかりとしたコーヒー味で上品な仕上がり。美味しい!

生地にはクルミが付いています。

 

ショコラ・シュークリーム

ショコラ(シュークリーム)
フランス・ヴァローナ産のチョコレートを使っているという高級シュークリーム。

味が濃そうでしつこいのかな?なんて思いましたが全然そんなことなく、甘さ控えめの爽やかショコラ味。感動の味わいです。

 

つぼ・シュークリーム

つぼ(シュークリーム)
鶴雅 水の謌パティシエラボの「しこつ湖」に似た感じのシュークリーム。

しこつ湖はイチゴでしたが、こちらは洋梨?だったかな(忘れてしまいました)

柔らかクリームとふわふわ食感が幸せな気持ちにさせてくれます。

 

デニッシュ・シュークリーム

デニッシュは固いパイ生地のため、半分に切るのを失敗!写真をお見せ出来ないレベルだったので割愛…。

デニッシュは、北海道産マスカルポーネ(クリームチーズ)を使ったあっさりクリームが特徴。

パイ生地もとっても美味しく、個人的には一番感動したシュークリームでした。

 

そんなわけで、シュークリーム専門店・パティスリーブールの感想と評価でした~。

どれも間違いなく美味しいので、実際に食べてみて!

 

パティスリー・ブール店舗情報

営業時間

10:00~19:00

定休日

毎週水曜日、第1・第3木曜日

店舗の場所アクセス地図

住所:北海道札幌市厚別区厚別西3条2丁目1−11

 - ケーキ屋・スイーツ・和菓子・洋菓子 , , ,