江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

エビが見られるカフェ「kokomoca」新店舗建設で一時閉店[江別市野幌町]

      2017/10/03

kokomoca新・旧店舗
JR野幌駅北口のロータリー左(鉄西線沿い)に、エビが見られるカフェというひじょうにユニークな店舗「Bee Shrimp専門店&カフェ kokomoca」があります。

エビ専門店というだけでもかなり珍しいと思うのですが、カフェもあるという点がさらに面白いですね。

この「Bee Shrimp専門店&カフェ kokomoca」、お店のすぐ横に新店舗が建設されるため、2016年12月に一時閉店となりました。

上の写真右側が旧店舗、左が新店舗で、新店舗裏手に見えるのがJR野幌駅です。

ビーシュリンプ(Bee Shrimp)とは?

ビーシュリンプ(Bee shrimp)、学名 Neocaridina sp. は、ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビの一種。ミナミヌマエビに近縁の陸封型の淡水エビである。白黒の横縞模様がある鮮やかな体色から観賞用に飼育され、繁殖も比較的容易な為、愛好者も多い。
成体の体長は約3cm程度で、体の縞がハチ(Bee)に似ることからビーシュリンプと呼ばれる。

ビーシュリンプ

出典元:Wikipedia/ビーシュリンプ

ビーシュリンプ/Wikipedia

スポンサーリンク

スポンサードリンク

Bee Shrimp専門店&カフェ kokomoca(ココモカ)

Bee Shrimp専門店kokomoca旧店舗
Bee Shrimp専門店&カフェ kokomoca」が入居していたビル。左側のシャッターが閉まっている所がココモカでした。

ちなみに、隣の「ミッキーハウス」は2015年末に閉店となっています。
参考:変わりゆく8丁目通り野幌商店街 道路拡幅工事中[江別市野幌町3・2・330八丁目通]

麻雀屋スローステップは2017年1月15日をもって閉店。学助会は情報がつかめませんでした。

 

Bee Shrimp専門店kokomocaロゴ
ココモカ旧店舗の扉に残されたエビのロゴマーク。

新店舗の誕生が待ち遠しいですね。

 

エビカフェ新店舗はどんなお店になる?

「Bee Shrimp専門店&カフェ kokomoca」の新店舗はどのような形になるのでしょうか?

ココモカの公式ブログには以下のように構想が書かれていましたよ。

生まれ変わるkokomocaはカフェが併設され、お昼は店主の気まぐれランチw カフェ&ティータイムは自家焙煎珈琲や極上の茶葉で淹れる紅茶を提供します。また自家焙煎珈琲を使用したソフトクリームや和洋菓子店とコラボしたオリジナルスイーツにも力を入れます。バータイムには厳選した各種お酒をご用意。特にウィスキーは豊富な種類でシングルモルトを中心に味わい深い香りをセレクトします。
もちろんkokomocaの代名詞、Bee Shrimpも更に選別を重ね、人気の各種シャドーとF1ハイブリッドを展示販売します。夢だった、シュリンプを眺めながら美味しいお酒やおつまみをどうぞ^^

Coming Soon!/Bee Shrimp & Cafe kokomoca(ブログ)

オリジナルスイーツを楽しめるカフェ&バーになるようですね。

オープンは2017年早春を予定しているとのことです。

 

ココモカの場所アクセス地図

住所:北海道江別市野幌町52−6

公式サイト

関連記事

 - 喫茶店・飲食店・居酒屋 , , , , , ,