【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

日ハム新球場建設候補地、札幌市が正式提案へ!八紘学園と北大構内の2案

   

札幌ドーム・球場内

北海道日本ハムファイターズが本拠地である札幌ドームから移転・新球場を建設する案が浮上している中、2017年4月13日、札幌市が正式に新球場候補地の提案書を日ハム球団側へ提出しました。

札幌市が提案する新球場建設候補地は、「八紘学園・月寒ドーム跡地」「北海道大学構内」の2案。

すでに候補地に名乗りを上げている北広島市と合わせて、日本ハムファイターズのボールパーク構想はどうなっていくのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサードリンク

日ハム新球場建設候補地、札幌市は「八紘学園・月寒ドーム跡地」「北海道大学構内」を提案

北海道内では各テレビ局が札幌市の正式提案について大きく報道しています。

北海道日本ハムファイターズ球団側は、2018年3月までに方向性を示す予定とのことです。

 

候補地の広さ比較

正式な候補地として出揃った札幌市の2案と、北広島市の案。

それぞれどれくらいの広さがあるのかは以下のとおりです。

  • 札幌市豊平区・八紘学園・月寒ドーム跡地周辺:12.7ヘクタール
  • 札幌市北区・北海道大学構内:10ヘクタール
  • 北広島市・きたひろしま総合運動公園:37ヘクタール

広さだけ考えると北広島市の「北広島総合運動公園」が圧倒的で、日本ハムファイターズ側が考えている「ボールパーク構想」が実現しやすい大きさが確保できます。

対して、札幌市の北大構内・月寒ドーム跡地周辺の2案は、広さは少し小さくなりますが、交通の便の良さ、集客力の高さが最大のメリットになります。

参考:札幌市の候補地・八紘学園周辺と北大構内について

これらの正式提案を受け、日ハム側がどういった判断をしていくのか、今後の動きに注目です。

日ハム新球場 関連記事

 - 地域情報・話題 , , , , , , ,