【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

珈琲豆専門店『早川コーヒープラス野幌店』ビッグハウス野幌店内にオープン[江別市東野幌本町]

      2017/06/26

ビッグハウス野幌店
江別市東野幌本町にあるショッピングセンター『ビッグハウス野幌店』。

そのビッグハウス野幌店内に新店舗『早川コーヒープラス野幌店』が2017年6月24日(土)にオープンしました。

24日(土)・25日(日)にオープニングセールが行われていたので行ってきました!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

早川コーヒープラス(Hayakawa Coffee Plus.)野幌店

早川コーヒープラス野幌店
ビッグハウス野幌店内に新しくオープンしたコーヒー豆専門店『早川コーヒープラス野幌店』。

店舗は『美唄焼鳥・惣菜 炎(えん)』の隣りにあります。以前、旅行代理店があった場所です(旅行代理店はイオン江別店に移転)。

コーヒー豆専門店なので、カフェはありません。

早川コーヒーとは?

早川コーヒーとは、北海道札幌市清田区清田6条2丁目12-8に本社がある北海道のコーヒー豆販売店。

早川コーヒーの名前はコーヒー職人・会社の代表取締役である早川禎二氏から付けられたようです。

会社設立は1982年6月。札幌市を中心にコーヒー豆専門店の他、カフェのチェーン店も展開しています。

コーヒー豆専門店:白石店・大通店・円山店
カフェ併設:ミュンヘン大橋店・菊水店・大曲店・太平店・平和通店

 

早川コーヒープラス野幌店・店内の様子

早川コーヒーの商品
たくさんの種類のコーヒー豆が並んでいます。

コーヒーメーカーも売っていました。

 

早川コーヒー豆量り売り
レジ横には量り売りのコーヒー豆が並んでいます。

早川コーヒーでは、同じコーヒー豆で焙煎温度の違う豆を販売しているのが特徴です。

焙煎温度の種類は、200℃・205℃・210℃・215℃・220℃・225℃の6種類。

低い温度ほど酸味が強く苦味が少ない、高い温度になるにつれ苦味が強く酸味が弱くなるとのこと。

この日はオープン記念で「温度帯コーヒー3種飲み比べ試飲会」をやっていたので試飲させて頂きました。

200度と225度を飲み比べてみたところ、同じコーヒー豆でここまで味がわかるのか!と驚かされました。

でもどっちの温度も美味しい!

 

夏期限定・水出しコーヒー

水出しコーヒー
こちらは夏季限定の「水出しアイスコーヒー」。

麦茶を作るような感覚で、1~1.5リットルの水に1パック入れ、8~10時間で飲み頃になるというもの。

水出しコーヒー45g×2個入り・値段

  • ブレンド 250円
  • モカ 300円
  • コロンビア 300円
  • ブラジル 300円

※価格は全て税別

夏は水出しコーヒーが良いですね~。というわけで私も一つ購入しました。

 

オープン記念セール・ドリップバッグ掴み取り

オープン記念セール
24日・25日のオープン記念セールとして、早川コーヒーオリジナルドリップバッグの掴み取り(一回500円)が開催されました。

これはかなりお得!と思いチャレンジ!すると…
ドリップコーヒーつかみ取り
1回でものすごい量のドリップバッグが取れました~。

1ヶ月毎日飲んでも飲みきれなさそうな量です。これはやった甲斐がありました!

飲むのが楽しみです~。

 

まとめ

というわけで、早川コーヒープラス野幌店オープンの話題でした。

コーヒー焙煎一筋35年というこだわりのコーヒー豆をぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

営業時間

平日:10:00~20:00
土曜・日曜:9:00~20:00

定休日

なし

早川コーヒープラス野幌店の場所アクセス地図

住所:北海道江別市東野幌本町35−2

公式サイト

 - 喫茶店・飲食店・居酒屋 , , ,