【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

ヤツメウナギ料理こじま・炭火焼肉 翔に行ってみた[江別市野幌町]

   

焼肉翔・ヤツメ料理こじま
江別市野幌町にある「炭火焼き肉・バーベキュー翔」「ヤツメ料理こじま」。

 

「炭火焼肉・翔」はエグザイル男旅にも登場した超人気店。

「ヤツメ料理こじま」は、江別名産のヤツメウナギが食べられる唯一の店として有名です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

炭火焼き肉・バーベキュー翔、ヤツメ料理こじま

焼肉翔・ヤツメ料理こじま看板
お店の出入口上部には、「炭火焼き肉・バーベキュー翔」「ヤツメ料理こじま」と二つの看板が並んでいます。

店内で二手に分かれる構造になっていますが、基本的に一つの店舗という感じです。

 

店前メニュー
店前にあるメニュー看板。

江別名産「やつめうなぎ」「川かに」が目玉商品です。

八ツ目鰻料理は、お刺身+七輪炭火焼きで2000円。貴重な食材であることを考えると安いですね。

 

そして、毎月29日は「肉の日」

牛カルビ・生ラム・豚ホルモン・牛ホルモンが290円!

牛上サガリが390円!と超破格にになっています。

奇しくも今日は肉の日だったのでラッキーでした。

 

店内で泳ぐヤツメウナギ、七輪炭火焼き

ヤツメウナギ
店内の水槽で元気に泳ぐヤツメウナギ!

目の後ろにある7つのエラが特徴ですね。

水槽に口が吸盤のように吸い付いているのが面白い。

 

焼肉と七輪
七輪が用意され、炭火焼きの準備が整いました。

焼き肉、川ガニと次々に運ばれてきます。

 

ヤツメウナギ刺し身

ヤツメウナギの刺し身
ヤツメウナギの刺し身がやってきました。

見た目がひじょうに美しい。

 

ヤツメウナギの刺し身
ヤツメウナギの刺し身拡大。

食べてみると軟骨がコリコリとした食感で、噛みごたえのある刺し身といった感じ。

ショウガと一緒に食べるとひじょうに美味。

 

ヤツメウナギの蒲焼き

ヤツメウナギの蒲焼き
こちらは焼く前のタレが付いたヤツメウナギ。すっごい生々しいですねぇ…。

これを七輪炭火焼きにします。

 

ヤツメウナギの蒲焼き
網の上で焼かれるヤツメウナギ。

穴の空いたエラがよく分かる。

焼き上がった後は、普通の鰻の蒲焼きに似た味でした。

鰻よりも若干クセのある味でしょうか。日本酒に合いそうです。

 

ヤツメウナギの効果・効能

ちなみに、ヤツメウナギは鰻よりも栄養価が高い食材なのだそうです。

特に「目のビタミン」と言われている天然ビタミンAが突出しており、「眼精疲労」「体の疲れ」に効果を発揮するとのこと。

ヤツメウナギは漢方薬や栄養補助食品も出ていることからも、栄養価の高さ・効能が期待されます。

↓たとえばこんなヤツメウナギの栄養補助食品。目に良さそうですね。

やつめホルゲンEX 90粒

 

川ガニ

川ガニ
「ヤツメ料理こじま」のもう一つのウリ、「川ガニ」。

海にいるカニに比べると二回りくらい小さいでしょうか。

小さめながらも色が渋いせいか、ひじょうにインパクトのある外観です。

 

川ガニの毛
川ガニ近影。

プラモデルのジオラマでも見ているような感覚ですね(笑)

写真をよく見て頂くと、ハサミの部分が真っ黒くなっているのが分かると思います。

この部分、実は「毛」です。

モッサモッサと毛が生えていて、ちょっと怖い。

ハサミの部分以外は足が細くて身が少ないですが、カニの味わいは同じで美味しいです。

 

川カニ
カニミソは甘くて美味しい。

と思いきや、別のカニは苦いものも有り、個体差があるのかも。

好きな人にはたまらない味ですよね。

 

焼肉 翔(しょう)営業時間

16:00~22:00(ラストオーダー21:30)

定休日

月曜日

ヤツメ料理こじま 営業時間

11:30~14:00
17:00~20:00(予約制)

定休日

月曜日

 

「焼肉翔」「ヤツメ料理こじま」の場所アクセス地図

住所:北海道江別市野幌町66-11

公式サイト

炭火焼き肉 翔

 - 喫茶店・飲食店・居酒屋 , ,