【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

百年記念塔解体決定…跡地には新しいモニュメントを置く予定[札幌市厚別区]

   

裏側から見た百年記念塔

札幌市厚別区の野幌森林公園内に建つ「北海道百年記念塔」が解体されることが決定しました。

以前から、百年記念塔の老朽化・修繕費用・維持費等の問題が出ており、様々な議論がなされていました。

改修後に維持するのか、解体かに分かれていた議論はついに決着の日を迎えることとなりました。

※参考(以下の記事に100年記念塔解体が浮上していた頃の記事と、記念塔の現状を見に行った時の多数の写真を掲載しています)

スポンサーリンク

スポンサードリンク

北海道百年記念塔解体へ 道が方針を固める


2018年9月4日17:00付の「北海道新聞」にて百年記念塔解体の方針が固まった旨の記事が掲載されています。

道は4日、北海道100年にちなみ高さ100メートルで建立された道立野幌森林公園(札幌市厚別区)内にある北海道百年記念塔を解体する方針を固めた。跡地には新たなモニュメントを置く考え。記念塔は老朽化でさびた金属片が落下するなど安全面に問題があり、今後の維持費が30億円弱と試算されていた。

道は年内に、公園内にある記念塔と北海道開拓の村、北海道博物館の再生構想をまとめる方針。近く公表する構想の素案で記念塔について「安全確保や将来世代の負担軽減の観点から、解体もやむを得ない」「維持コストにも配慮したモニュメントを配置」と明記する。

引用元:百年記念塔解体へ 道方針、跡地にモニュメント/2018年9月4日17:00 北海道新聞

 

老朽化による安全性の問題、修繕費や維持費が莫大であることもあり、解体はやむを得ないのかもしれませんね。

 


NHK北海道でも百年記念塔解体のニュースが掲載されています。

 

百年記念塔とは

北海道百年記念塔は、札幌市厚別区の野幌森林公園内に立つ高さ100メートルの塔です。

北海道開道百年を記念して作られた建造物で、100年の節目となる1968年(昭和43年)に着工。

竣工は1970年(昭和45年)9月。

1971年(昭和46年)4月より一般公開されました。

着工からちょうど50年の節目となった今年の2018年、解体という寂しい結果にはなりましたが、今後の未来に向けた構想に期待したいですね。

 

百年記念塔の詳しい情報と写真は以下の記事をご参照ください。

 - 地域情報・話題 , , , , ,