【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

ポケモンGOの次はハリポタGO!ハリーポッターのAR位置情報ゲーム新アプリが登場予定!

   

2016年夏に登場し社会現象にもなったスマホアプリ『ポケモンGO(Pokemon GO)』。

Niantic(ナイアンティック社)が開発したスマホの位置情報を利用して遊ぶARアプリ『INGRESS(イングレス)』を元にしたゲームです。

このいわゆる現実世界と融合したARアプリ、その新作が登場するという発表がNianticからありました。

そのゲームは世界中で空前のベストセラーとなり映画シリーズも大評判だった『ハリーポッター(Harry Potter)』!

ハリーポッターがスマホのARアプリで遊べるというのは、なんとも楽しみですね!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

ポケモンGOの次は『ハリーポッター』の位置情報ゲームアプリ!

2017年11月9日、Niantic(ナイアンティック)公式サイト・公式ツイッターにてAR位置情報ゲームの新作『Harry Potter: Wizards Unite』の開発が正式に発表となりました。

公式サイトの説明によると、魔法使いになったプレイヤーが呪文を覚えたり、現実世界を探索して魔法動物を倒したりする、といったゲーム内容になるとのこと。

まだ現段階では詳しいゲーム内容についてはよく分からない状況です。

TechCrunchJapan「Niantic、ポケモンGOの次はハリー・ポッターと発表――噂のARゲームは来年リリースへ」の記事によると、ポケモンGOよりはINGRESS(イングレス)に近い内容になるのではという推測がなされています。

ハリー・ポッター・ゲームの存在はついに公式のものとなったが、詳細はまだ明かされていない。リリース時期についても「来年のいつか」というだけだ。ただし内容についてはNianticのARゲーム、Ingressの影響を強く受けたものになる。このゲームではプレイヤーは2つの陣営のいずれかに所属し、現実世界を広く歩き回り、パワーアップ・アイテムを集め、ポータル地点を守り、コントロール範囲を広げていく。

このIngressの仕組みはハリー・ポッターの世界観に非常にうまく適合する。IngressのSF的設定を剥がせばその骨格はハリー・ポッターをARゲーム化するために生まれたといっていいぐらいだ。また当初Ingressで(後にポケモンGOで)収集された位置情報データベースがそのままゲーム化に活用できるはずだ。

TechCrunchJapan「Niantic、ポケモンGOの次はハリー・ポッターと発表――噂のARゲームは来年リリースへ

ハリーポッターといえば、組分け帽子による寮の振り分けがありますが、ゲームの中でもグリフィンドール、ハッフルパフ、レイブンクロー、スリザリンに分かれて戦う、なんてことになったりするのでしょうか?

ひじょうに気になります。早くプレイしてみたいですね。

ちなみに、ハリポタ新アプリのリリース予定日は2018年中のいつかとなっているようです。

 

ARアプリのイベントを次々に開催している江別市、ハリポタGOのイベントも開催される?

ところで、わが街・江別市では、AR位置情報ゲームに関するイベントが積極的に開催されています。

『イングレス』に関しては2015年にファーストサタデーイベント、2016年・2017年の「やきもの市」でもイングレスのイベントが行われました。

『ポケモンGO』は2016年に日本初イベント「サードサタデー(TS)」が開催されています。

自治体が積極的にゲームのイベントをバックアップするという、なんとも先進的でユニークな江別市。

ハリーポッターのアプリがリリースされた時には、同じようにイベントが開催されたりするのでしょうか?

ゲームのリリースと共に江別市の動きにも注目したいところです。

 - 地域情報・話題 , , , , , , ,