鉄道・バス・交通機関

江別市内のJR鉄道駅利用客数&ランキング 2020年版

JR江別駅

江別市内にあるJR北海道の鉄道駅は、札幌方面から順に「大麻駅」「野幌駅」「高砂駅」「江別駅」「豊幌駅」の5つがあります。

豊幌駅は無人駅のためデータが出ていませんが、それ以外は毎年各駅の年間利用者データが公表されています。

この記事では2020年に公表された江別市内の鉄道駅利用客数データを紹介します。

スポンサーリンク

江別市内のJR鉄道駅利用客数 2020年版(2020年3月公表データ)

江別市内における年間のJR鉄道駅別乗車人員は以下の通り。

※データは各年度末現在 単位=千人

年度 総数 江別駅 高砂駅 野幌駅 大麻駅
平成26年度(2014) 7,598 1,448 1,034 2,419 2,698
平成27年度(2015) 7,501 1,401 1,053 2,414 2,633
平成28年度(2016) 7,466 1,372 1,035 2,419 2,641
平成29年度(2017) 7,388 1,351 1,033 2,407 2,597
平成30年度(2018) 7,315 1,335 1,016 2,372 2,592

注1)豊幌駅は無人駅のため、正確なデータがなく総数に含めていない。
注2)年度ごとに端数整理のため、内訳と総数が一致しない場合がある。

データ引用元:2020年度 江別市統計書 第8章 運輸・通信

 

江別市内鉄道駅利用客数ランキング

上記データによる駅利用者数をランキングにすると以下のようになります。

※カッコ内は最新2018年の乗降客数(単位=千人)

  1. 大麻駅(2,592)
  2. 野幌駅(2,372)
  3. 江別駅(1,335)
  4. 高砂駅(1,016)
  5. 豊幌駅(-)

各駅ともにここ5年間の利用客数はほぼ横ばいで、順位の変動もありませんが、各駅ともに徐々に利用者が減っていいるのは事実です。

今から6年前の2014年度の総数は7,598、2018年度は7,315となり、28万3千人減。

江別市は近年の人口が社会増となっていますが、鉄道利用客数には結びついていないようです。

 

江別駅の利用者数が大幅減

ちなみに、データに示された平成26年度(2014年度)→平成30年度(2018年度)で、各駅どれくらい減ったかを出してみました。

  1. 江別駅:11.3万人減
  2. 大麻駅:10.6万人減
  3. 野幌駅:4.7万人減
  4. 高砂駅:1.8万人減

大学生の生徒減少により学生利用が大幅に減りつつあると言われている大麻駅よりも、江別駅のほうが利用者数の減りが大きいのはちょっと意外でした。

人気の記事

プロショップ ホダカ江別店 1

国道12号沿いにあったDCMホーマック江別店跡地にオープン予定の工具・金物・作業用品専門店『プロショップ ホダカ(HODAKA)江別店』のオープン日が決定し、オープニングセールのチラシ情報も公開されま ...

雪かき 2

「雪かき」という言葉、あなたはどう表現してますか? 北海道では除雪を表現するときに「雪はね」「雪投げ」といった言い方がありますが、日本全国の各地方ではどのように表現されているのでしょうか。 スポンサー ...

コストコ 3

写真はコストコ入間店イメージ画像 有料会員制の大型倉庫型商業施設「コストコ」の北海道2号店が、2021年4月に石狩市新港南2丁目(石狩湾新港)にオープン予定とのことです。 北海道のコストコ2号店の建設 ...

-鉄道・バス・交通機関
-, , , , , , , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2021 All Rights Reserved.