公共施設・道路・公園

「江別市生涯活躍のまち(CCRC)」の名称『ココルクえべつ』に決定!

江別市生涯活躍のまち(CCRC)ココルクえべつ

http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/soshiki/seisaku/78879.html

旧札幌盲学校跡地(江別市大麻元町154)にて計画されている「江別市生涯活躍のまち(CCRC)」の名称が、公募により『ココルクえべつ』に決定したとのことです。

「江別市生涯活躍のまちCCRC・ココルクえべつ」は、中高年齢者や障害者の就労や社会的活動・住まい・医療・介護・生活支援について一体的かつ継続的に提供する施設。

現在、旧札幌盲学校跡地にて2021年春のオープンを目指して工事中です。

スポンサーリンク

 

「江別市生涯活躍のまち(CCRC)」の名称『ココルクえべつ』に決定!

江別市公式サイトおよび江別版「生涯活躍のまち」Facebookページにて、「江別市生涯活躍のまち(CCRC)」の名称が、公募により『ココルクえべつ』に決定したとの告知が出ています。

 

「ココルクえべつ」の意味とは?

「ココルクえべつ」とはどういう意味なのでしょうか?江別市公式サイトには以下のように説明されています。

「ココルク」を逆から読むと「クルココ(来る、ここ)」となり、どんな状態になっても希望にあふれた充実したまち、生涯活躍のまちになってほしい。ちなみにCCRC(ココルク)と読むこともでき、誰でも親しみ深いフレーズとなってほしいと思い命名。

「江別市生涯活躍のまち(CCRC)」の名称が『ココルクえべつ』に決定しました!/江別市公式サイト

「クル(来る)ここ」と、「CCRC」をかけているんですね。これは面白い。

 

「CCRC」について

「CCRC」の意味は「Continuing Care Retirement Community」の略称で、高齢者が健康な段階で入居し、終身で暮らすことができる生活共同体のことをいいます。

この概念は1970年代のアメリカではじまったものだそうです。

現在「日本版CCRC構想」として、高齢化社会に対応する住みやすいまちづくりが国全体の取り組みとして進んでいます。

 

参考資料

※上記リンク先は全て「首相官邸ホームページ」(PDFファイル)資料

江別市生涯活躍のまち(CCRC)ココルクえべつ(旧 札幌盲学校跡地)の場所アクセス地図

住所:〒069-0841 北海道江別市大麻元町154−1

人気の記事

札幌プレミアムSAPPORO商品券おみせ応援商品券 1

北海道札幌市内の飲食店・小売店などの店舗で使える札幌市のプレミアム商品券『SAPPOROおみせ応援商品券』が2020年8月5日より販売開始されます。 2020年の札幌市プレミアム商品券は、1万2千円分 ...

江別市 2

北海道江別市のプレミアム付き商品券『えべつ応援商品券』が2020年10月1日より販売開始予定となっています。 『えべつ応援商品券』の内容・値段・プレミア率・購入可能冊数・販売期間・使用期間等が発表され ...

コストコ 3

写真はコストコ入間店イメージ画像 有料会員制の大型倉庫型商業施設「コストコ」の北海道2号店が、2021年4月に石狩市新港南2丁目(石狩湾新港)にオープン予定とのことです。 北海道のコストコ2号店の建設 ...

-公共施設・道路・公園
-, ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2020 All Rights Reserved.