資料館・博物館・歴史的建築物・史跡

江別の歴史的建造物「林木育種場旧庁舎」活用条件緩和?[江別市文京台緑町561-2]

北海道林木育種場旧庁舎・正面

江別市文京台緑町561-2に残る歴史的建造物『北海道林木育種場旧庁舎』。

昭和2年(1927年)建築というたいへん貴重な建物で、ハーフティンバーを基調とした大正時代を思わせる外観です。

この建物を残す形で活用する民間事業者の募集が行われているのですが、現在まで実現に至っていません。

そのため条件を緩和して再公募が行われる予定とのことです。

スポンサーリンク

江別の歴史的建造物「林木育種場旧庁舎」活用条件緩和?[江別市文京台緑町561-2]

2020年6月29日付「新・公民連携最前線」の記事には、『歴史的建造物の活用条件緩和に向け意見募集、江別市』というタイトルで「北海道林木育種場旧庁舎」についての話題が掲載されています。

記事によると、林木育種場旧庁舎を活用する民間事業者を、条件を緩和したうえで2020年10月に再公募を行う予定だと伝えています。

旧庁舎に関しては2001年に江別市が土地・建物を取得し、2009年から活用する事業者を募集開始。問い合わせはあったものの実現までは至っていないとのことです。

市が考えている主な条件緩和案として、以下のような点の変更が検討されているようです。

  1. 建物全体使用が条件
    →1階部分のみ使用でも可とする
  2. 市から財政支援なし
    →財政支援ありとする
  3. 土地・建物を無償貸与(概ね10年~20年程度)
    →建物無償譲渡・無償貸与のどちらも可/土地の無償貸与・有償譲渡のどちらも可とする
  4. 多くの市民等が利用可能な施設
    →事務所などとしての利活用も可(市民見学会等を依頼)

引用元:https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/062901606/

制約条件がゆるくなることで、建物の有効活用が行われるといいですね。

 

林木育種場旧庁舎の外観・内部を取材した記事は以下。

 

北海道林木育種場旧庁舎の場所アクセス地図

住所:北海道江別市文京台緑町561-2

参考リンク

関連記事

人気の記事

第13回ばんけい夏まつり大花火大会2022年 1

さっぽろばんけいスキー場(札幌市中央区盤渓)で開催される花火大会「第13回ばんけい夏まつり大花火大会」が、2022年8月7日(日)に開催予定です。 今年の打ち上げ花火の数は約7,000発に増量!ライブ ...

打ち上げ花火大会 2

北海道札幌市東区モエレ沼公園で開催される「モエレ沼芸術花火 2022年」の開催が決定しました。 モエレ沼芸術花火は今年で第10回目を迎えます。 2021年開催時は人数を5000人に制限してましたが、今 ...

当別町 第7回とうべつ花火大会 3

北海道当別町にて毎年恒例となっているイベント「第7回 とうべつ花火大会」が2022年の開催が決定しました。 昨年は8月開催が中止後に10月に延期開催となりましたが、今年は例年通り開催となれば屋台出店な ...

日ハム新球場北海道ボールパーク「エスコンフィールド」東側 4

北海道北広島市に建設中の北海道日本ハムファイターズ新球場『北海道ボールパークFビレッジ』『エスコンフィールド(ES CON FIELD HOKKAIDO)』、2022年5月現在の様子を見てきました。 ...

結海衆YOSAKOIソーラン えべつ北海鳴子まつり 5

江別市で毎年開催される夏祭り・盆踊り・YOSAKOIソーランの「えべつ北海鳴子まつり」等の中止が発表されました。 スポンサーリンク 江別市の夏祭り・北海鳴子まつり2022年の開催中止が決定 www.c ...

-資料館・博物館・歴史的建築物・史跡
-, , , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2022 All Rights Reserved.