公共施設・道路・公園

江別「南大通大橋」がついに2020年3月開通予定!上江別~江別太が結ばれ地域活性化に期待

南大通大橋

江別市の千歳川をまたぐ「南大通大橋」が、本年度中に開通(通行可能)になるとのことです。

南大通大橋は、上江別と江別太を結ぶ橋で、国道12号線のバイパスルートとして期待されます。

江別東インターチェンジへのアクセスも便利になりますね。

※写真は2019年5月撮影の南大通大橋(道道1056号線 江別長沼線、3・3・304南大通)

スポンサーリンク

江別「南大通大橋」がついに本年度中に開通予定!

南大通大橋は千歳川を渡る橋として建設されました。

この橋が開通することにより、上江別・ゆめみ野地区と萌えぎ野・朝日町地区の行き来が可能となります。

2019年11月7日付の北海道新聞では以下のように伝えています。

人、モノの流れ加速へ 見学会参加者「商業施設進出も」

【江別】1級河川の千歳川をまたいで右岸(東側)の江別太と左岸(西側)の上江別の両地区を結ぶ南大通大橋の完成が近づいている。本年度中に通行可能となる予定で、地域住民から「上江別を含む江別地区の交通・物流が飛躍的に良くなり、地域の活性化につながる」と喜びの声があがる。2日には周辺住民を招いての工事現場の見学会が行われた。

橋は、道が2011年度から事業費81億円をかけて進めている江別太と上江別を結ぶ総延長約1.2キロの道道の南大通整備の一部。橋の本体は長さ157.5メートル、幅員は24メートルで、片側2車線の計4車線と歩道部分を3メートルずつ確保した。

引用元:江別活性化の起爆剤に 千歳川またぐ南大通大橋 2019年11月7日/北海道新聞

見学会の様子は、星よしあき道議会議員のブログに掲載されています。

北海道新聞には「本年度内に通行可能」とあり何月に通行可能かまでは言及されていませんが、星よしあき道議会議員ブログによると、開通は2020年3月予定とのことです。

年度内ギリギリに通行可能となりそうです。

 

南大通大橋周辺に今後商業施設進出?

南大通大橋が開通すれば、国道12号線とは別のバイパス道路として多くの車が行き交うことが予想されます。

そうなると沿道では今後商業施設などの新店舗が何かしらオープンするかもしれません。

 

2018年11月には、南大通大橋の手前(江別市上江別東町)に新店舗のカフェ・パン屋さん「ドルチェ&ベーカリーカフェ・アマム」がオープンしています。

商業施設が少ない南大通沿いに商業施設進出があれば、ますます住みやすい地区になりそうですね。

 

関連記事








人気の記事

マイナンバー通知カード 1

江別市におけるマイナンバー通知カードが、2020年5月末で廃止になる予定とのことです。 廃止後は再交付等ができなくなりますのでご注意ください。 ちなみに、通知カードの廃止は江別市だけでなく日本全国の各 ...

特別定額給付金 2

国民一人当たり10万円が給付される「特別定額給付金」が北海道江別市でも申請受付が開始されます。 申請書の全世帯への送付は2020年5月末が予定されていますが、お急ぎの場合は5月11日から先行事前受付の ...

新型コロナウイルス3密を避けよう 3

2020年5月15日発表の新型コロナウイルス感染者の中の一人に江別市在住の方が確認されたことが発表されました。 これにより江別市在住の感染者は6人目、市内での感染確認者は8例目となりました。 スポンサ ...

Pascoパスコ夢パン工房 4

北海道江別市西野幌にあるパン屋さん「パスコ(Pasco)夢パン工房 野幌店(ゆめちからテラス内)」にて、従業員が新型コロナウイルスに感染していたことが公式サイトで発表されました。 公式サイトでの発表は ...

-公共施設・道路・公園
-, , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2020 All Rights Reserved.