地域情報・話題

コロナ終息祈願に「アマビエだるま」!~疫病退散に御利益ありとSNSで話題の妖怪【アマビエ様】

アマビエだるま

日本古来より疫病退散にご利益があると言われている妖怪「アマビエ様」。

新型コロナウイルス感染拡大もあって、その御利益にあずかろうと突如話題になったのがこのアマビエ様です。

そんな中、約300年の歴史を誇る老舗だるま店「白河だるま総本舗」による『アマビエだるま』が登場しました。

とても可愛らしい色形で、疫病退散と同時に一家も和みそうですね。

スポンサーリンク

アマビエ様とは?

アマビエ様

引用元:アマビエ/Wikipedia アマビエの出現を伝える瓦版 弘化3年4月中旬(1846年5月上旬、江戸時代後期)刊行。木版画。京都大学所有、京都大学附属図書館収蔵。

アマビエ様とは何なのか?Wikipediaによる解説は以下の通り。

アマビエ

アマビエ(歴史的仮名遣:アマビヱ)は日本における伝説の半人半魚・妖怪。海中から光輝く姿で現れ豊作・疫病などに関する予言をすると伝わっている。

同種の妖怪と考えられるものに尼彦/あま彦/天彦/天日子/海彦(読みの推定:あまびこ)、尼彦入道/天彦入道、アリエがある。

伝承

江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)に現れたという。この話は挿図付きで瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられた。

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。

その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

アマビコ

「アマビエ」という名称については、目撃記録が一つしかなく、また名の意味が不明であることから、「アマビコ」という同種の妖怪の誤記という説が提唱されている。

湯本豪一は、「アマビコ」を記述した史料例として「アマビエ」を含めて7件を挙げる。また、長野栄俊は湯本が挙げる7件の比較を拡張して合計9件としている。いずれも海中からの出現、豊作や疫病の予言、その姿を写した絵による除災、3本以上の鰭ないし足による直立という外見などが共通しており、両者とも同種と考えている

引用元:アマビエ/Wikipedia

アマビエとは人魚のような姿をした妖怪で、その姿を絵に描き人々に見せることで疫病退散になるという伝説があるようです。

ちなみに、水木しげる原作のアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」や、原作:真倉翔・作画:岡野剛による漫画「地獄先生ぬ~べ~」などにもアマビエが登場するとのことで、かなり広く認知されているようです。

 

コロナ終息祈願に「アマビエだるま」

アマビエだるま

そんな中で登場したのが、この「アマビエだるま」です。

制作は、約300年の歴史を誇る老舗だるま店「白河だるま総本舗」によるもの。

創業約300年の歴史があり、福島県の伝統工芸品にも認定されている白河だるまでアマビエ様を製作しました。早く日常生活に戻れるようにコロナ終息を祈願して製作しました。

引用元:アマビエだるま ピンク/Hanjiro

価格は一つ1,500円(税別)。Hanjiroオンラインショップにて購入が可能となっています。

殺伐とした雰囲気の昨今、ちょっとした癒やしグッズとしても良いかもしれませんね。

 

こども大学えべつキャンパス

人気の記事

花火大会 1

札幌市内で開催予定の夏の祭典「花火大会」の開催日時・打ち上げ時間・開催場所などの情報をまとめました。今日の花火はどこ?といった確認にもご活用ください。 2020年~2021年にかけて開催中止となってい ...

花火大会 打ち上げ花火 2

北海道江別市角山で毎年開催されている恒例の花火大会「えべつ花火」。昨年2020年は中止となりましたが、2021年の今年は開催決定です! この記事では「第5回 えべつ花火」の開催日時・スケジュール・チケ ...

JR北海道 小幌駅 駅名標 3

JR北海道の駅ホームに掛かっている縦型の駅名標には「本場の味 サッポロビール」の文字広告が全駅に付いていますが、この広告が無くなってしまうとのことです。 スポンサーリンク もくじ1 JR北海道の駅名標 ...

江別小学校・校庭跡 4

2016年(平成28年)3月に廃校となった『旧江別小学校』の跡地。廃校から5年が経過した2021年現在でも手つかずの更地となっています。 その江別小学校跡地の活用として江別市は、『大学等のキャンパス誘 ...

大麻駅・駅名標 5

アパートの自室で大麻草を販売目的で栽培し、乾燥大麻や大麻が混ぜられたバター「大麻バター」を所持していた疑いで、札幌市豊平区の建設作業員の男が逮捕、送検されました。 北海道内で「大麻バター」の所持確認は ...

-地域情報・話題
-, , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2021 All Rights Reserved.