地域情報・話題 分譲地・土地・物件

野幌駅高架区間の鉄道林をJR北海道が売却?敷地6.9万㎡の保護区解除を要望[北海道江別市]

江別市内を走るJR北海道・函館本線の沿線には広大な鉄道林(江別鉄道林環境緑地保護地区)がありますが、その一部が売却される可能性があるとのことです。

スポンサーリンク

野幌駅高架区間の鉄道林をJR北海道が売却?[北海道江別市]

2021年2月17日付の報道で、『野幌駅高架区間の鉄道林 JR北海道が売却含め利活用模索』と題した記事が掲載されました。

それによると、JR北海道は江別市の野幌駅高架区間西側にある「野幌2号林(2万4821㎡)」「大麻5号林(4万54㎡)」「大麻4号林の一部(4158㎡)」の合わせて6万9033㎡の敷地について、江別鉄道林環境緑地保護区の解除を求める区域指定変更の要望書を道に提出したとのことです。

売却の理由として、鉄道防災機能の役割を終えたこと、過去の台風で大規模な倒木が発生して緑の資質を喪失したこと、厳しい経営環境により売却を含めた土地利活用の模索、といったものが挙げられています。

野幌駅~大麻駅間に残る鉄道林の敷地は広大です。江別市は札幌からの利便性の良さから戸建住宅の需要は高く、近年では人口増・土地価格上昇となっています。

函館本線沿線の鉄道林の利活用によっては、さらなる人口増加となるかもしれません。

 

野幌・大麻地区に残る鉄道林


江別市の鉄道林は現在、高砂駅周辺(野幌駅~江別駅間)に残るものと、野幌駅西方にある白樺通~森林公園駅間(森林公園駅周辺は札幌市厚別区)に残るものがあります。

今回の報道では『野幌駅高架区間西側に所有する大麻5号林と野幌2号林、大麻4号林の一部合わせて6万9033m²の敷地』とありますので、おそらく白樺通から西側、野幌松並町~大麻泉町付近の鉄道林ではないかと思われます。

仮に戸建住宅の宅地開発となれば、JR野幌駅に近いこともあり人気が出そうです。

人気の記事

プロショップ ホダカ江別店 1

国道12号沿いにあったDCMホーマック江別店跡地にオープン予定の工具・金物・作業用品専門店『プロショップ ホダカ(HODAKA)江別店』のオープン日が決定し、オープニングセールのチラシ情報も公開されま ...

雪かき 2

「雪かき」という言葉、あなたはどう表現してますか? 北海道では除雪を表現するときに「雪はね」「雪投げ」といった言い方がありますが、日本全国の各地方ではどのように表現されているのでしょうか。 スポンサー ...

コストコ 3

写真はコストコ入間店イメージ画像 有料会員制の大型倉庫型商業施設「コストコ」の北海道2号店が、2021年4月に石狩市新港南2丁目(石狩湾新港)にオープン予定とのことです。 北海道のコストコ2号店の建設 ...

-地域情報・話題, 分譲地・土地・物件
-, , , , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2021 All Rights Reserved.