公共施設・道路・公園

江別駅前の保存樹木「プラタナス(樹齢推定85年)」と植えられた年の出来事

江別駅前のプラタナス
江別駅前の交差点、「ふれあいの滝」の隣に立っているプラタナスの巨木。

駅前にあるだけにとても目を引く存在です。

撮影は冬だったので葉を落としていますが、枝の伸び具合からその大きさが伝わると思います。

スポンサーリンク

江別駅前の保存樹木「プラタナス」

プラタナスの幹
江別駅前の大きなプラタナスの木。太く立派な幹です。

後ろに見えるのは江別駅の駅舎。

 

江別市保存樹木の銘板

江別市保存樹木
このプラタナス(モミジバスズカケノキ)は江別市保存樹木に指定されています。

銘板には以下のような情報が書かれていました。

  • 平成13年(2001年)2月5日指定
  • 樹高13メートル
  • 直径72センチ
  • 樹齢推定85年。
  • 指定理由「江別の市街地の移り変わりを見て来た、貴重な木です。」

 

江別駅前のプラタナスが生まれた年はどんな出来事があった?

江別駅の営業開始は1882年(明治15年)。今(2014年)から132年前です。

江別市保存樹木に指定された2001年から推定樹齢を逆算すると、現在(2014年)から119年前にプラタナスが植えられたことになります。

駅開業から約34年後に植えられた木なんですね。

 

プラタナスが植えられたと推定される1916年(大正5年)は、森鴎外『高瀬舟』夏目漱石『明暗』が出された頃、というとかなり昔に感じますね。

またこの年は旭川の野球場「スタルヒン球場」の名前にもなっている北海道旭川育ちの野球選手「ヴィクトル・スタルヒン」が誕生した年でもあります。

江別駅の歴史で言えば、王子製紙江別工場専用線が開通(1907年)した後であり、大日本電力(後の北海道電力)江別火力発電所用専用線(1935年)が開通する前ということになります。

このプラタナスの木はそういった歴史の変遷をここ江別駅前でずっと見てきたんですね。








人気の記事

マイナンバー通知カード 1

江別市におけるマイナンバー通知カードが、2020年5月末で廃止になる予定とのことです。 廃止後は再交付等ができなくなりますのでご注意ください。 ちなみに、通知カードの廃止は江別市だけでなく日本全国の各 ...

特別定額給付金 2

国民一人当たり10万円が給付される「特別定額給付金」が北海道江別市でも申請受付が開始されます。 申請書の全世帯への送付は2020年5月末が予定されていますが、お急ぎの場合は5月11日から先行事前受付の ...

新型コロナウイルス3密を避けよう 3

2020年5月15日発表の新型コロナウイルス感染者の中の一人に江別市在住の方が確認されたことが発表されました。 これにより江別市在住の感染者は6人目、市内での感染確認者は8例目となりました。 スポンサ ...

Pascoパスコ夢パン工房 4

北海道江別市西野幌にあるパン屋さん「パスコ(Pasco)夢パン工房 野幌店(ゆめちからテラス内)」にて、従業員が新型コロナウイルスに感染していたことが公式サイトで発表されました。 公式サイトでの発表は ...

-公共施設・道路・公園
-,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2020 All Rights Reserved.