【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

江別にパンの複合施設「ゆめちからテラス(仮称)」建設予定!野菜直売所と併設[江別市西野幌]

   

旧のっぽろ野菜直売所
江別市西野幌にパンの製造・販売をする複合施設『ゆめちからテラス(仮称)』が建設予定とのニュースが北海道新聞に掲載されていました。

ゆめちからテラス建設予定地は、『のっぽろ野菜直売所』がある場所です。

以前このブログでも記事にしましたが、現在野幌野菜直売所はリニューアルのため隣の敷地で移転営業中です。

そのリニューアル後に出来る新しい建物が、『ゆめちからテラス』という複合施設になる予定。

野菜直売所メインだった場所がガラリとイメージチェンジすることになりそうです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

パンの製造・販売をする複合施設『ゆめちからテラス(仮称)』とは?

野幌野菜直売所・新店舗パース

野幌野菜直売所の工事現場に貼られていた『ゆめちからテラス(仮称)』の完成予想図。

この『ゆめちからテラス』は、JA道央(恵庭)と敷島製パン(名古屋)が連携し、道産小麦100%使用のパンを製造販売する複合施設になるとのこと。

パン工場が併設されるというのはなかなかスゴイですね。

焼きたての道内産小麦100%のパンが食べられるというのはとても魅力的です。

複合施設「ゆめちからテラス」(仮称)は鉄骨一部2階建て延べ床面積約2500平方メートルで、老朽化した野菜直売所の建て替えに合わせ、JA道央の子会社が約12億円かけて建設する。敷島製パンが運営するセントラルキッチンと販売店「Pasco(パスコ)夢パン工房野幌店」が入り、野菜直売所も併設する。

夢パン工房では道産小麦を100%使用したパンを扱う。「ゆめちから」「春よ恋」など原料の道産小麦は、全量をJA道央が供給する。

パンの複合施設、来年開設 地場産小麦100%使用で製造販売 江別/どうしん電子版(北海道新聞)

 

オープン予定日は?

『ゆめちからテラス(仮称)』内にオープンする野幌野菜直売所は、2018年5月にオープン予定。

また、夢パン工房は2018年6月にオープン予定とのことです。

新鮮野菜と出来たてパンが買える複合施設、楽しみですね!

 

ゆめちからテラス建設予定地の場所・アクセス地図

住所:北海道江別市西野幌111

関連記事

 - 店舗・商業施設 , ,