店舗・商業施設

江別市文京台の原始林ボウル跡地で工事開始!物販店舗ができる模様

投稿日:

セブンイレブン江別文京台店
国道12号線沿い「セブンイレブン江別文京台店」の隣にあったボウリング場「原始林ボウル」は、2018年4月末に惜しまれつつ閉店。

その後更地になっていましたが、2019年3月某日に地鎮祭が行われ、何やら工事が始まったようです。

いったい何が建つのでしょうか?

スポンサーリンク

江別市文京台の原始林ボウル跡地で工事開始(2019年4月)

原始林ボウル跡地
かつての「原始林ボウル」跡地で工事が始まっています。

写真撮影は2019年4月2日。

ボーリング場があった場所だけに、かなり広い敷地ですね。

 

原始林ボウル跡地
工事現場別視点。ボーリング場の駐車場があった辺りでしょうか。

建物がないと余計に広く感じますね。

 

物販店舗新築工事

物販店舗新築工事
工事看板には「(仮称)物販店舗 新築工事」とありました。

どのような店舗ができるかは全く書かれていません。

 

跡地には何ができる?スーパーかドラッグストアか…

工事看板に書かれていた設計・監理を担当する「株式会社プロ1(PRO1)」は過去に、ツルハドラッグ・サッポロドラッグストアー・ビッグハウス・コメリパワーなどを手がけています。

また、施工業者の「SD建設」は、ツルハドラッグ・オートバックス・オートハローズ・弐萬圓堂・なか卯・ハーブヒルふらの など様々な店舗工事を担当しています。

文京台にはドラッグストアが無く、まためぼしいスーパーマーケットもありません。

この場所に何かしらの商業施設が建てばかなり便利になりそうですが…。

詳細が分かり次第、当ブログでお伝えしたいと思います。

 

原始林ボウル跡地の場所

住所:北海道江別市文京台31−4

関連記事