地域情報・話題

北海道の基準地価0.5%下落する中、江別市は住宅地・商業地共に上昇!(2020年9月発表)

江別市

2020年9月30日に北海道の地価調査・地価公示が公式サイトにて公表されました(基準日は7月1日)。

基準地価(住宅地・商業地・工業地)「全用途」の平均は前年比で0.5%下落となりました。

そんな中、我が街・江別市は住宅地・商業地ともに地価上昇となったようです。

スポンサーリンク

北海道の基準地価0.5%下落する中、江別市は住宅地・商業地共に上昇!(2020年9月発表)

※参考:『基準地価0.5%下落 コロナ禍で10年ぶり下落幅拡大』朝日新聞デジタル

2020年9月30日の報道によると、北海道の基準地価(7月1日時点)で、住宅地・商業地・工業地の全用途の平均は前年比で0.5%の下落。下落幅は前年の0.2%から0.3ポイント拡大し、下げ幅拡大は10年ぶりとのことです。

これは新型コロナウイルスの影響で札幌市の地価上昇率が鈍化したからだとのこと。

各地域で上昇率の鈍化、または下落に転じている中、帯広市や江別市は住宅地・商業地共に上昇となりました。

 

江別市の基準地価率上昇!

江別市の地価上昇率は、住宅地が2.3%、商業地が2.7%となり、前年0.9%、1.7%から拡大しています。

人口10万人以上の都市で住宅地・商業地の上昇が見られたのは札幌市・帯広市・江別市のみで、函館市・小樽市(商業地は鈍化)・旭川市(商業地は横ばい)・釧路市・北見市・苫小牧市は減少となっています。

北海道発表の「地価調査書」によると、『野幌地区の利便性向上などから、住宅地は2年連続、商業地は3年連続で上昇し、住宅地、商業地ともに上昇幅が拡大した。』とあります。

人口が増加傾向にある江別市ですが、好調ぶりは地価にも現れているようです。

※参考:北海道地価調査・地価公示/北海道

 

関連記事

人気の記事

北海道プレミアム付きどさんこ商品券 1

https://dosanko-shohinken.com/ 全国の道産品アンテナショップである「北海道どさんこプラザ」各店や、道内の百貨店が開催する「北海道物産展」で利用できるプレミアム付商品券『プ ...

江別市 2

北海道江別市のプレミアム付き商品券『えべつ応援商品券』が2020年10月1日より販売開始予定となっています。 『えべつ応援商品券』の内容・値段・プレミア率・購入可能冊数・販売期間・使用期間等が発表され ...

コストコ 3

写真はコストコ入間店イメージ画像 有料会員制の大型倉庫型商業施設「コストコ」の北海道2号店が、2021年4月に石狩市新港南2丁目(石狩湾新港)にオープン予定とのことです。 北海道のコストコ2号店の建設 ...

-地域情報・話題
-,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2020 All Rights Reserved.