神社・お寺・春まつり秋祭り例大祭

【王子稲荷神社】江別の製紙工場前にある謎の神社に行ってみた[江別市王子24]

王子エフテックス株式会社・江別工場

北海道江別市王子にある『王子エフテックス株式会社・江別工場(旧王子製紙工場)』。

1908年(明治41年)に操業開始したという、江別の発展の歴史を担ってきたとても大きな工場です。

その工場近くに『王子稲荷神社』があるというので行ってきました。

スポンサーリンク

王子稲荷神社の入口がどこにあるのか分からない

旧王子製紙工場・神社入口

王子エフテックス・江別工場に着いたのは良いのですが、神社の出入口がどこか分からない…。

とりあえず神社の区画と思われる場所をぐるりと回ってみることにしました。

すると、江別工場の出入口正面の道路沿いに、ちらりと神社の建物が見えました。

ヤブを突っ切ったらとりあえず本殿には辿り着きそうだ、と思いつつウロウロしていると、神社の入口らしき”けもの道”が…。

 

王子稲荷神社・出入口

王子稲荷神社の出入口を正面から見たところ。

写真上に矢印で示したのが神社入口です。

入口を示す看板は無く、神社名すらありません。

場所を知らなければ誰がココに神社があると想像できるでしょうか。

王子稲荷神社は王子製紙工場の会社のための存在ですから、出入口が一般の人に分からなくても問題ないのでしょう。

それにしても驚きです。

 

王子稲荷神社に入ってみる

王子稲荷神社・獣道

まさに「けもの道」となっている神社入口。

昼間の明るい時間じゃなかったら絶対に入れそうにありません。

 

薄暗い神社境内

王子稲荷神社・境内

高い木々に覆われた神社境内はひじょうに暗い。

街灯が二本立っているようですが、ちゃんと光るのでしょうか。

 

鳥居と石灯籠

王子稲荷神社・鳥居・石灯籠

けもの道を入るとすぐに現れる赤い鳥居と石灯籠。

写真は明るさを補正していますが、晴れの昼間でもめちゃくちゃ暗いです。

 

使用不可能な手水舎

王子稲荷神社・手水舎

手水舎も備わっていますが、板の箱に覆われて使用できない状態でした。

 

王子稲荷神社・本殿・狛狐

王子稲荷神社・本殿

鬱蒼と茂る木々の奥にひっそりと佇む王子稲荷神社本殿。

意外に立派でちょっとビックリです。

 

王子稲荷神社・狛狐・右

稲荷神社なので、狛犬ではなく狛狐(白狐)です。

こちらは右側の白狐さんですが、口は開いていない感じ。

 

王子稲荷神社・狛狐・左

左側の狛狐。巻物をくわえているのかな?

 

賽銭箱のない神社本殿

王子稲荷神社・本殿

王子稲荷神社の建物に上がる少々急なコンクリート階段。

その奥には鈴も賽銭箱もありませんでした。

建物は少し斜め向きに建っています。王子製紙工場出入口を見守るように立っているようです。

 

木彫りの龍

王子神社・龍の彫刻

建物正面図上には立派な木彫りの龍がありました。

地味な神社ながらしっかりと造られているのが分かります。

 

神社境内の様子

王子神社・境内

本殿の上から神社境内を見渡すとこんな感じ。

出入口はアレですけど、中に入るとなかなかいい雰囲気です。

 

王子神社・境内

狛狐の手前辺りから入口を振り返ってみたところ。

鳥居の周りが暗すぎる!

 

王子製紙工場ゆかりの神社

狛犬台座・奉納年月日

白狐の台座に刻まれた奉納年月日。

『関係会社 関連会社 一同 昭和四十九年十一月』と書かれていました。

 

鳥居・奉納年月日

こちらは鳥居に付いていた銘板。

奉納年月日は同じで、石灯籠にも同様の文字が刻まれていました。

 

王子稲荷神社について

王子稲荷神社は『王子エフテックス株式会社・江別工場(旧王子製紙工場・旧王子特殊紙株式会社)』ゆかりの神社。

1908年(明治41年)に江別工場が操業開始した当時は「富士製紙」でした。

そして王子稲荷神社が創立・造営されたのが1918年(大正7年)。

富士製紙が王子製紙と合併したのは1933年(昭和8年)5月18日ですから、創立当初は違う神社名だったのかもしれません。

かつては夏のお祭りなども行われていたのでしょうか。

静かな神社境内ではときおり江別工場を出入りする大型トラックの走行音が響いていました。

 

※追記:王子稲荷神社と王子エフテックス間にある石碑

王子エフテックス江別工場と石碑

王子稲荷神社から王子エフテックス江別工場に向かうと、左手に石碑が立っているのが見えます。

写真右奥が工場正面入口で、左手に見えるのが石碑。

 

王子製紙株式会社の石碑

あまりにも自然に溶け込んでいるので石碑の存在に気づけませんでした。

 

王子製紙株式会社の石碑

王子製紙株式会社の石碑文面

石碑に書かれている文章は以下のとおりです。

太陽は緑を呼び 緑は平和と生長のしるしである
わが社は日本最初の木材パルプ製造を創めてより植林にたゆみなき努力をつづけてきた
月日の流れは産業活動と自然との調和を願ってやまない時代となった
時あたかもわが社創業101年に当り ここに緑豊かな美しい環境の創造のため更に不断の努力を尽すことを誓うものである
人よ緑と共に生きよう

昭和四十九年六月 王子製紙株式会社 社長 田中文雄

王子製紙における誓いの文書といったところでしょうか。

創業101年で誓いを新たに刻んだのかも知れません。

 

王子稲荷神社の場所アクセス地図

住所:北海道江別市王子24

関連記事

  • この記事を書いた人
Avatar photo

えべナビ編集部

江別市民に役立つ情報・速報を(ほぼ)毎日更新! 月間最高113万アクセス、累計2,330万アクセス超!

人気の記事

画像生成AI版 江別駅 1

江別市内でもっとも歴史のある江別駅。ふと、最近流行りの画像生成AIに江別駅の画像を作ってもらったら記事作成に使えて便利かも?と思い実行してみたところ、意外すぎる結果が出たのでご紹介。 生成に使用したの ...

大麻銀座商店街 2

2024年2月20日発売予定の雑誌「SWITCH 3月号」に、北海道江別市出身の俳優・歌手である大泉洋さんの52ページにわたる特集「大泉洋ソングブック」が掲載されるとのことです。 その中には故郷である ...

江別市条丁目 解体工事中の建物倒壊 3

2024年2月19日、江別市5条6丁目にある建物の解体工事中に、作業員3人が下敷きになる事故が発生しました。倒壊に巻き込まれた3人のうち2人がけが、1人の死亡が確認されたとのことです。 スポンサーリン ...

木彫りの熊「北海道クッキー」 4

江別市東野幌町にある商業施設『EBRI(エブリ)』にて、北海道の木彫りの熊をイメージしたクッキー『北海道クッキー』が期間限定で販売開始となりました! スポンサーリンク もくじ1 木彫りの熊の形「北海道 ...

鉄道林「野幌2号林地」伐採された樹木丸太 5

JR高砂駅の西側、鉄西線沿いの鉄道林の伐採工事が行われています。 ※2024年2月10日時点の様子。 スポンサーリンク もくじ1 JR高砂駅横の鉄道林「野幌2号林地」伐採中[江別市幸町]1.1 伐採が ...

暖簾の一推し 6

江別市見晴台の5丁目通り沿いに、新店舗のカフェ『暖簾の一推し』さんがオープン予定。(※店舗名の読み方は「のれんのいちおし」) 場所はDCM元江別店の向かい、セブンイレブン江別見晴台店の隣りです。 スポ ...

-神社・お寺・春まつり秋祭り例大祭
-, ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2024 All Rights Reserved.