廃線跡

北海道電力江別火力発電所専用線の廃線跡を歩く(2)地図・スイッチバック跡

投稿日:2015年7月8日 更新日:

北海道電力江別火力発電所専用線廃線跡を示した地図です。

赤いラインが火力発電所専用鉄道線が通っていた場所。

現在は散歩道「四季のみち」となって、きれいに整備されています。

 

「四季のみち」は春・夏・秋・冬ゾーンに分かれており、それぞれの道に特徴があります。

地図上の赤いバルーンをクリックするとゾーンの起点などが分かります。

スポンサーリンク

江別火力発電所専用線廃線跡・函館本線との分岐点

江別火力発電所専用線廃線跡
江別駅を出て高砂駅方面へ800メートルほど進んだところ。

線路を渡る橋「4丁目跨線人道橋」が見えます。

写真右側の道路はもともと火力発電所専用線の線路が通っていた場所で、廃線後に道路として整備されました。

函館本線の線路と並んで、専用線の側線(線路)が複数本並んでいたと想像できます。

 

4丁目跨線人道橋

4丁目跨線人道橋
函館本線をまたぐ跨線橋「4丁目跨線人道橋」。

北西に延びる4丁目通りの延長線上にあるため付けられた名前です。

ちなみにこの桁橋(ガーダー橋)は「函館どつく」による製作です。

4丁目通り跨線人道橋と函館どつく

 

跨線橋から見た廃線跡の現在

江別駅方面
跨線橋から江別駅方面を見る。

写真中央右側の線路沿いの道路が火力発電所専用線跡地で、江別駅を出発した専用線はここを高砂駅方面に進んで、途中でスイッチバックし、写真左側手前の住宅を貫いて左方向へ進んでいました。

 

スイッチバック跡地

スイッチバック跡地
跨線橋から高砂駅方面を見る。

右側のススキが生えた一帯がスイッチバック跡地。

なんとなく三角に残った跡が、スイッチバックのカーブを思わせます。

 

ぽっぽ公園付近・四季の道スタート地点

廃線跡のカーブ
函館本線と並走する道路「鉄西線」から跨線橋を見たところ。

奥にカーブしている道路が廃線跡です。これは分かりやすいですね。

 

写真左側の見切れた部分には「ぽっぽ公園」という名の小さな公園があります。

汽車にちなんだ名前のように思えますが、函館本線にちなむ名なのか、火力発電所専用線にちなむものなのかは不明です。

 

北海道電力江別火力発電所専用線の廃線跡を歩く(3)』へ続く

関連記事








人気の記事

知の棟フロア全体 1

「江別蔦屋書店(北海道江別市牧場町)」が2018年11月21日(水)ついにオープンとなりました! 道内の蔦屋書店としては、函館店に次いで2店舗目となります。 「知」「食」「暮らし」3つのカテゴリーに分 ...

イチオシ!ヒロ福地番組降板 2

 HTB夕方の人気情報番組「イチオシ!」。 2019年3月25日(月)放送予定の「しあわせ散歩」では、イチオシ!のメインMCを務めるヒロ福地さんが江別市大麻地区を歩く模様が放送される予定です。 ...

イオン江別店・はま寿司・ジョリーパスタ 3

イオン江別店の駐車場にて2019年から工事が始まっており、何ができるのか?気になっていました。 6月に入って様子を見てみると、新しく工事看板が立っていることに気づきました。 そこには「はま寿司江別店 ...

煉化もち販売店舗 4

北海道江別市野幌町にある老舗の和菓子店「山サ煉化餅本舗」に車が突っ込むという事故がありました。 事故が起きたのは2019年8月14日午後3時頃。 自動車を運転していた70代の男性が「アクセルとブレーキ ...

-廃線跡
-, , , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2019 All Rights Reserved.