江別市情報

江別市の人口が15年ぶりに増加!(2019年10月現在)

投稿日:

北海道江別市の人口がなんと15年ぶりに増加したとのことです。

情報元の「えべつのじかん」によると、『2019年(令和元年)10月1日現在の江別市の人口が119,510人となり、前年同期比539人の増となりました。』とあります。

北海道では札幌に人口が集中し、他の市町村ではどんどん人口が減少し続けています。

そんな中、江別市の人口が増加に転じたのは素晴らしいことですね。

スポンサーリンク

北海道江別市の人口が15年ぶりに増加(2019年10月)

2019年10月1日現在の江別市人口統計結果が、15年ぶりに増加となったとのことです。

江別市公式サイト「えべつのじかん」には以下のように説明されています。

2019年(令和元年)10月1日現在の江別市の人口が119,510人となり、前年同期比539人の増となりました。

国の人口統計の基準日となる10月1日現在の人口としては、15年ぶりの人口増。

全国的な人口減少の中で、江別市においても、死亡数が出生数を上回る「自然減」の状態が続いていますが、一方で、近年は、転入者数が転出者数を上回る「社会増」となっていました。

今年は、この「社会増」が堅調に続いたことで、「社会増」が「自然減」を上回り、人口増につながったものです。

引用元:えべつのじかん

今まで「社会増」となっていた話題がありましたが、自然減を上回っての人口増となったのは大きいですね。

 

江別市人口推移のピークは2005年(平成17年)

ちなみに江別市人口推移でもっとも人口が多かった年は平成17年(2005年)。

上記の資料によると、2005年の人口は「125,601人」となっています。

この年から江別市の人口は緩やかに減少していきました。

※江別市の毎月の人口推移データについては以下のページをご参照ください。

 

ベッドタウンブーム再び?

江別市では近年、転入者が増加傾向でした。

市内では各地で大型の新興住宅地が造成され、さらに住宅手当もあったことから江別市への編入が増えたものと思われます。

 

商業施設も活性化。大型店舗が続々オープン

またここ数年、江別市内では大型商業施設から小型店舗まで、続々と新規オープンしています。

特に大きな話題となったのは「ジョイフルAK」「江別蔦屋書店」「EBRI(エブリ)」などでしょう。

江別市にたくさんの人が集まり、各店舗にお金がまわり、さらに活性化していくという好循環になっているようです。

現在は野幌駅周辺の再開発が続いていますが、今後は江別駅前の再開発などもあればさらに活性化するかもしれませんね。








人気の記事

知の棟フロア全体 1

「江別蔦屋書店(北海道江別市牧場町)」が2018年11月21日(水)ついにオープンとなりました! 道内の蔦屋書店としては、函館店に次いで2店舗目となります。 「知」「食」「暮らし」3つのカテゴリーに分 ...

イチオシ!ヒロ福地番組降板 2

 HTB夕方の人気情報番組「イチオシ!」。 2019年3月25日(月)放送予定の「しあわせ散歩」では、イチオシ!のメインMCを務めるヒロ福地さんが江別市大麻地区を歩く模様が放送される予定です。 ...

喫茶メルシー(江別市) 3

明日よる6:55~🌙 太川蛭子の旅バラ🚌北海道横断バス旅第4弾! 初の3時間スペシャル! マドンナは生駒里奈 札幌駅をスタート、路線バスを乗り継ぎ ゴール網走駅まで総距 ...

ジョリーパスタ江別店 4

北海道初進出のパスタ専門店「ジョリーパスタ江別店」が、2019年9月12日にオープンしました! 場所は江別市幸町・国道12号線沿い。イオン江別店(旧ポスフール)の駐車場内です。 この日は隣の「はま寿司 ...

-江別市情報
-, , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2019 All Rights Reserved.