【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ

北海道江別市内を中心に札幌市など道内の情報・ニュース・イベント・新店舗情報等を紹介。スマホ対応

北海道江別市で保存のSL「C11 1」蒸気機関車が東武鉄道へ到着!復活予定は2020年冬

   

山田コレクションC11 1

北海道江別市で保存されていたSL(蒸気機関車)「C11 1」が2018年11月14日午前、譲渡先の東武鉄道に到着したというニュースがありました。

江別市の倉庫からの搬出作業は11月8日に行われましたが、その様子については以下の記事をご参照ください。

北海道から海を渡ったSL「C111」は今後、東武鉄道にて走行できる状態へと復元されるとのことです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

江別のSL「C11 1」蒸気機関車が東武鉄道へ到着!

2018年11月14日付の北海道新聞にて、「江別で保存のSL、埼玉に到着 東武鉄道が公開」という記事が掲載されました。

今回、北海道江別市から運ばれていった蒸気機関車「C11 1」は、江若鉄道・雄別炭鉱鉄道・釧路開発埠頭などで活躍した車両。

1975年に廃車となった後は江別市の個人に買い取られ、なんと40年間も誰の目にも触れずに倉庫で眠り続けていた通称「山田コレクション」と呼ばれている車両群の一台でした。

2011年に車両群の所有が「日本鉄道保存協会」に移り、2018年に「C11 1」が東武鉄道に売却されたという運びになります。

 

C11形蒸気機関車 お披露目の動画

埼玉県久喜市にある東武鉄道 南栗橋車両管区にSLが到着したときの模様は、「鉄道チャンネル」のTwitterやYouTubeチャンネルにて公開されています。

 

東武鉄道では現在、JR北海道から貸し出されている「C11 207号機」を、日光を走る東武鬼怒川線で「SL大樹」として運行しています。

今回の「C111」が復元されれば2機体制での運行となり、年間を通してより安定した運行が可能になるとのこと。

復元予定日は2020年冬頃になる見通しだそうです。

奇しくも2機共々が北海道ゆかりの蒸気機関車。復活したときにはぜひ日光まで乗りに行きたいものですね~。

 

関連記事

 - 鉄道・バス・交通機関 , , , ,