鉄道・バス・交通機関

「C11 1」蒸気機関車が北海道江別市から東武鉄道へ旅立つ 鬼怒川線SL大樹C11 207号機と2機体制に

C11 1蒸気機関車(SL)北海道江別市にて静態保存されていた蒸気機関車「C11 1号機」が2018年11月8日、東武鉄道へ譲渡するため搬出作業が行われました。

鉄道ファンの間では「山田コレクション」の名で有名な車両群の一つ。

今後このSL(蒸気機関車)が東武鉄道にて復元作業が行われ、動態保存として実際に走ることになります。

スポンサーリンク

SL「C11 1号機」蒸気機関車 搬出作業

山田コレクションC11 1
C11 1号機蒸気機関車は静態保存されていた倉庫の屋根を開け、クレーンで吊るされて外に出てきました。

まるで銀河鉄道999が宇宙に向けて走り出していくシーンを見ているかのようです!

 

山田コレクションC11 1
クレーン車に降ろされる蒸気機関車。

輸送のため煙突など様々な部品が取り外されており、ナンバープレートも隠れた状態です。

 

東武鉄道への譲渡SL「C11 1」
運転席側もいろいろ取り外された状態。

長年屋根付きの倉庫に眠っていたためか状態はなかなか良いように見えます。

 

雄別鉄道C11 1号機この車両が海を渡り東武鉄道で走ることになると思うと胸が熱くなりますね~。

 

私鉄初!東武鉄道が蒸気機関車復元へ!

SL C11 1号機が東武鉄道にて動態保存される情報は、2018年11月8日付の東武鉄道公式サイトで発表され、鉄道メディア各社も伝えています。

蒸気機関車の動態復元は私鉄としては初の試みだそうです。

現在東武鉄道では、東武鬼怒川線にて「C11 207(現行機)」が「SL大樹(たいじゅ)」として運行しています。

「C11 1(山田コレクション)」が復活した際は2機体制となり、日光・鬼怒川エリアのほか、他線区でも運転される見込みとのこと。

復元予定日は2020年冬。復活走行が楽しみですね!

 

東武鉄道へ譲渡する話の詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

山田コレクションについては以下の記事にて。

 

関連記事

こども大学えべつキャンパス ロボットプログラミング体験教室

人気の記事

プレミアム付き商品券 1

道内外の百貨店で開催される「北海道物産展」とアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」で利用できる「プレミアム付どさんこ商品券」が、2021年の今年も販売されるとのことです。 1冊5千円で7千円分のお買 ...

JR北海道 小幌駅 駅名標 2

JR北海道の駅ホームに掛かっている縦型の駅名標には「本場の味 サッポロビール」の文字広告が全駅に付いていますが、この広告が無くなってしまうとのことです。 スポンサーリンク もくじ1 JR北海道の駅名標 ...

江別小学校・校庭跡 3

2016年(平成28年)3月に廃校となった『旧江別小学校』の跡地。廃校から5年が経過した2021年現在でも手つかずの更地となっています。 その江別小学校跡地の活用として江別市は、『大学等のキャンパス誘 ...

大麻駅・駅名標 4

アパートの自室で大麻草を販売目的で栽培し、乾燥大麻や大麻が混ぜられたバター「大麻バター」を所持していた疑いで、札幌市豊平区の建設作業員の男が逮捕、送検されました。 北海道内で「大麻バター」の所持確認は ...

新型コロナウイルスCovid19 5

2021年6月7日(月)、酪農学園大学附属とわの森三愛高等学による新型コロナウイルスのクラスター関連の発表によると、6月7日15時時点でPCR検査陽性者は合計23人になったとのことです。 ※2021年 ...

-鉄道・バス・交通機関
-, ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2021 All Rights Reserved.