地域情報・話題

江別市出身の小説家・乗代雄介氏が第34回三島由紀夫賞を受賞!

2021年5月14日、第34回三島由紀夫賞と山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)の選考会が東京で開催され、三島賞に乗代雄介さん(34)の『旅する練習(講談社)』に、山本賞は佐藤究さん(43)の『テスカトリポカ(KADOKAWA)』に決まりました。

乗代雄介さんは江別市出身の小説家で、過去には芥川賞に2回ノミネートされている注目の作家です。

スポンサーリンク

江別市出身の小説家・乗代雄介氏が第34回三島由紀夫賞を受賞!

第34回三島由紀夫賞・山本周五郎賞の選考会が2021年5月14日に開かれ、江別市出身の乗代雄介さん(東京都在住)の『旅する練習(講談社)』に決まりました。

山本周五郎賞には福岡県出身の佐藤 究(きわむ)さん(43)の『テスカトリポカ(KADOKAWA)』が選ばれています。

 

乗代雄介さんプロフィール

  • 乗代雄介(のりしろ ゆうすけ)
  • 1986年6月18日生まれ(2021年5月現在34歳)
  • 江別市出身
  • 東京都葛飾区在住
  • 最終学歴:法政大学社会学部メディア社会学科卒業

主な経歴

  • 2015年:「十七八より」[8]で第58回群像新人文学賞を受賞しデビュー
  • 2018年:『本物の読書家』で第40回野間文芸新人賞受賞
  • 2019年:「最高の任務」で第162回芥川龍之介賞候補
  • 2020年:「旅する練習」で第164回芥川龍之介賞候補
  • 2021年:『旅する練習』で第34回三島由紀夫賞受賞

北海道江別市生まれ。幼少期に東京都練馬区に移る。中学生のとき、「侍魂」などのテキストサイトが流行していたことや、いがらしみきおの『のぼるくんたち』の影響などからブログで「創作」と呼ばれる文章を書き始める。ブログのタイトルは、キンクスの曲名に由来する「ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ」。高校時代から、読んだ本の気に入った部分をノートに書き写すという習慣を持つようになる。ブログを創作の原点と考えているという。大学のセンター入試前後、2ちゃんねるの国内サッカー板に建てたスレッド「今日俺が一人で近所の公園でリフティングをしてたら」が別の書き手によって書き継がれ、小学館から単行本化された経験をもつ。

法政大学社会学部メディア社会学科卒業。在学中は田中優子のゼミに所属。卒業後、学習塾に勤務。

引用元:乗代雄介/Wikipedia

 

今回、三島賞受賞作となった『旅する練習』は、2020年の第164回芥川賞の候補作品でもありました。

三島由紀夫賞受賞おめでとうございます!

created by Rinker
¥1,617 (2021/11/27 21:04:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

こども大学えべつキャンパス

人気の記事

ニチイ江別店 1

江別市に2つ存在する『イオン』の商業施設、『イオン江別店』『イオンタウン江別』。 江別に長くお住まいの方はご存じの方も多いと思いますが、昔は別の店舗名でした。 この記事ではこの2つの商業施設の変遷の歴 ...

サンホームビデオ江別店 2

北海道江別市向ケ丘の2番通り・5丁目通り沿いにあるレンタルビデオ店『サンホームビデオ江別店』。 日本全国で姿を消しているレンタルのチェーン店ですが、江別店は根強く生き残っています。 レンタルビデオ店自 ...

廃線跡A地点3 3

江別市王子にある道内最古の製紙工場『王子エフテックス江別工場(旧 王子製紙)』にはかつて、JR江別駅から延びていた貨物専用鉄道『王子製紙江別工場専用線』という引込線がありました。 この専用線は1986 ...

ラーメン山岡家江別店 新店舗看板 4

江別市一番町の国道12号沿いにオープン予定となっている「ラーメン山岡家 江別店」。 オープン日となる2021年12月4日に向けて工事が進んでおり、国道沿いにはポール看板が立ち始めました。 新店舗の場所 ...

コストコ 5

会員制量販店「コストコ」の商品を、デリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)」「Wolt(ウォルト)」を利用して購入できる宅配サービスがスタートするとのことです。 北海道の「札幌倉庫店 ...

-地域情報・話題
-, , , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2021 All Rights Reserved.