地域情報・話題

江別市在住作家・櫻田智也氏『蝉かえる』が第74回日本推理作家協会賞を受賞!

北海道江別市在住の推理作家、櫻田智也(さくらだ ともや)さんが、作品『蝉かえる』で『第74回 日本推理作家協会賞』を受賞されました!

この記事では第74回 日本推理作家協会賞の受賞作品と、櫻田智也さんのプロフィールについてご紹介します。

スポンサーリンク

江別市在住作家・櫻田智也氏『蝉かえる』で第74回日本推理作家協会賞を受賞!

2021年4月22日、『第74回 日本推理作家協会賞』の受賞作品が決定しました。

受賞作品には、北海道江別市在住の推理作家である櫻田智也さんの『蟬かえる』が『長編及び連作短編集部門』に決まっています。

今回発表された『第74回 日本推理作家協会賞』の受賞作品は以下のとおりです。

 

第74回日本推理作家協会賞受賞作決定

〈長編および連作短編集部門〉

  • 『インビジブル』(文藝春秋)坂上 泉
  • 『蝉かえる』(東京創元社)櫻田 智也

〈短編部門〉

  • 『#拡散希望』(新潮社 小説新潮2月号)結城 真一郎

〈評論・研究部門〉

  • 『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみⅠ フェアプレイの文学』
    『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみⅡ 悪人たちの肖像』(荒蝦夷)真田 啓介

正賞は名入り腕時計、副賞は賞金50万円となっています。

 

櫻田智也さんプロフィール略歴・デビュー作

櫻田智也さんの主なプロフィール・経歴は以下のとおりです。

  • 北海道長万部町出身
  • 小学5年から中学までは函館市、高校時代は北斗市で過ごす
  • 北海道江別市在住
  • 埼玉大学大学院修士課程修了
  • デイリーポータルZの元ライター
  • 2013年、「友はエスパー」が第4回創元SF短編賞の最終候補となる。
  • 2013年、「サーチライトと誘蛾灯」で第10回ミステリーズ!新人賞を受賞
  • 2017年、受賞作「サーチライトと誘蛾灯」を表題作にした連作短編集でデビュー。
  • 2018年「火事と標本」、2020年「コマチグモ」で第71回・第73回 日本推理作家協会賞短編部門候補となる
  • 2021年、「蟬かえる」で第74回日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門を受賞

参考:Wikipedia 櫻田智也

 

 

関連記事

こども大学えべつキャンパス ロボットプログラミング体験教室

人気の記事

プレミアム付き商品券 1

道内外の百貨店で開催される「北海道物産展」とアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」で利用できる「プレミアム付どさんこ商品券」が、2021年の今年も販売されるとのことです。 1冊5千円で7千円分のお買 ...

JR北海道 小幌駅 駅名標 2

JR北海道の駅ホームに掛かっている縦型の駅名標には「本場の味 サッポロビール」の文字広告が全駅に付いていますが、この広告が無くなってしまうとのことです。 スポンサーリンク もくじ1 JR北海道の駅名標 ...

江別小学校・校庭跡 3

2016年(平成28年)3月に廃校となった『旧江別小学校』の跡地。廃校から5年が経過した2021年現在でも手つかずの更地となっています。 その江別小学校跡地の活用として江別市は、『大学等のキャンパス誘 ...

大麻駅・駅名標 4

アパートの自室で大麻草を販売目的で栽培し、乾燥大麻や大麻が混ぜられたバター「大麻バター」を所持していた疑いで、札幌市豊平区の建設作業員の男が逮捕、送検されました。 北海道内で「大麻バター」の所持確認は ...

新型コロナウイルスCovid19 5

2021年6月7日(月)、酪農学園大学附属とわの森三愛高等学による新型コロナウイルスのクラスター関連の発表によると、6月7日15時時点でPCR検査陽性者は合計23人になったとのことです。 ※2021年 ...

-地域情報・話題
-, , , , , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2021 All Rights Reserved.