資料館・博物館・歴史的建築物・史跡

「王子エフテックス江別工場(旧王子製紙)」道内最古の工場に残る巨大レンガ建築

王子エフテックス江別工場 旧王子製紙工場

江別市王子にある「王子エフテックス江別工場旧 王子製紙)」は、明治41年(1908年)に創業した道内最古の製紙工場(創業時は富士製紙株式会社)。

かつては王子専用線という引込線の鉄道も走っていた歴史ある工場ですが、工場裏側の石狩川沿いに進むとレンガ造りの古い建築物が見えるとのことなので行ってまいりました。

スポンサーリンク

「王子エフテックス江別工場(旧王子製紙)」道内最古の工場に残る巨大レンガ建築

工場内に残る歴史的建造物

王子エフテックス江別工場(江別市王子)裏側にある石狩川堤防沿いを歩いていくと、物々しい巨大な工場施設が見えます。

よく見ると工場内部にレンガ造りの建物がありました。

写真を見直して気がついたのですが、上記写真の左側にも見切れた形で煉瓦建築があります。

 

レンガ造りの建屋

なんとも古そうな煉瓦造りの巨大倉庫が並んでいます。

写真左側の見切れた部分に1棟、白い建物で隠れていますが、それを含めて全部で3棟が連なっているようです。

 

レンガ造りの建築物

この煉瓦倉庫は、創業の翌年1909年(明治42年)の建築だと言われています。

野幌煉瓦を使用した現存する建物としては最古のものだそうで、歴史的に重要な建築物です。

 

レンガ造りの建築物

中央のレンガ倉庫拡大。屋根の上にさらに屋根がつく「越屋根」となっているのが特徴的です。

出入り口の扉も天井もかなり高く造られているようです。

 

煉瓦造りの建築物

右側の建物拡大。ここまで大きなレンガ造りの建物はレンガの街といわれる江別市内でも珍しい。

 

煉瓦造りの建築物

もっと近くで見てみたいですが工場敷地内ですのでもちろん近づけません。

実に神々しいまでの巨大レンガ建造物です。

 

王子エフテックス裏側 石狩川の風景

石狩川と千歳川の合流地点

王子エフテックス江別工場のレンガ建築が見える辺りから後ろを振り返ると、千歳川と石狩川の合流地点が見えます。

 

石狩川沿いの護岸築堤

護岸は最近改修されたのか、とてもきれいでした。

それにしても川沿いの築堤の低さに驚きます。北海道の築堤ではこれくらいが一般的なのでしょうか。

 

美原大橋

美原大橋と石狩川

さらに、ちょっと距離がありますが江別市を代表する橋「美原大橋」も見ることができます。

この日は生憎の小雨という天気でしたが、晴れた日にはさぞ気持ちの良い風景でしょう。

 

江別の歴史を支えた王子エフテックス江別工場

道内最古の工場

江別市の歴史、ひいては日本の歴史を語る上でも重要な王子エフテックス江別工場。

裏側から見える威風堂々とした工場の姿を最後に貼り付けて記事を終わりたいと思います。

 

王子エフテックス江別工場の場所アクセス地図

住所:〒067-0001 北海道江別市王子2−3−1

関連記事

こども大学えべつキャンパス

人気の記事

花火大会 1

札幌市内で開催予定の夏の祭典「花火大会」の開催日時・打ち上げ時間・開催場所などの情報をまとめました。今日の花火はどこ?といった確認にもご活用ください。 2020年~2021年にかけて開催中止となってい ...

花火大会 打ち上げ花火 2

北海道江別市角山で毎年開催されている恒例の花火大会「えべつ花火」。昨年2020年は中止となりましたが、2021年の今年は開催決定です! この記事では「第5回 えべつ花火」の開催日時・スケジュール・チケ ...

JR北海道 小幌駅 駅名標 3

JR北海道の駅ホームに掛かっている縦型の駅名標には「本場の味 サッポロビール」の文字広告が全駅に付いていますが、この広告が無くなってしまうとのことです。 スポンサーリンク もくじ1 JR北海道の駅名標 ...

江別小学校・校庭跡 4

2016年(平成28年)3月に廃校となった『旧江別小学校』の跡地。廃校から5年が経過した2021年現在でも手つかずの更地となっています。 その江別小学校跡地の活用として江別市は、『大学等のキャンパス誘 ...

大麻駅・駅名標 5

アパートの自室で大麻草を販売目的で栽培し、乾燥大麻や大麻が混ぜられたバター「大麻バター」を所持していた疑いで、札幌市豊平区の建設作業員の男が逮捕、送検されました。 北海道内で「大麻バター」の所持確認は ...

-資料館・博物館・歴史的建築物・史跡
-, , , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2021 All Rights Reserved.