資料館・博物館・歴史的建築物・史跡

「王子エフテックス江別工場(旧王子製紙)」道内最古の工場に残る巨大レンガ建築

王子エフテックス江別工場 旧王子製紙工場

江別市王子にある「王子エフテックス江別工場旧 王子製紙)」は、明治41年(1908年)に創業した道内最古の製紙工場(創業時は富士製紙株式会社)。

かつては王子専用線という引込線の鉄道も走っていた歴史ある工場ですが、工場裏側の石狩川沿いに進むとレンガ造りの古い建築物が見えるとのことなので行ってまいりました。

スポンサーリンク

「王子エフテックス江別工場(旧王子製紙)」道内最古の工場に残る巨大レンガ建築

工場内に残る歴史的建造物

王子エフテックス江別工場(江別市王子)裏側にある石狩川堤防沿いを歩いていくと、物々しい巨大な工場施設が見えます。

よく見ると工場内部にレンガ造りの建物がありました。

写真を見直して気がついたのですが、上記写真の左側にも見切れた形で煉瓦建築があります。

 

レンガ造りの建屋

なんとも古そうな煉瓦造りの巨大倉庫が並んでいます。

写真左側の見切れた部分に1棟、白い建物で隠れていますが、それを含めて全部で3棟が連なっているようです。

 

レンガ造りの建築物

この煉瓦倉庫は、創業の翌年1909年(明治42年)の建築だと言われています。

野幌煉瓦を使用した現存する建物としては最古のものだそうで、歴史的に重要な建築物です。

 

レンガ造りの建築物

中央のレンガ倉庫拡大。屋根の上にさらに屋根がつく「越屋根」となっているのが特徴的です。

出入り口の扉も天井もかなり高く造られているようです。

 

煉瓦造りの建築物

右側の建物拡大。ここまで大きなレンガ造りの建物はレンガの街といわれる江別市内でも珍しい。

 

煉瓦造りの建築物

もっと近くで見てみたいですが工場敷地内ですのでもちろん近づけません。

実に神々しいまでの巨大レンガ建造物です。

 

王子エフテックス裏側 石狩川の風景

石狩川と千歳川の合流地点

王子エフテックス江別工場のレンガ建築が見える辺りから後ろを振り返ると、千歳川と石狩川の合流地点が見えます。

 

石狩川沿いの護岸築堤

護岸は最近改修されたのか、とてもきれいでした。

それにしても川沿いの築堤の低さに驚きます。北海道の築堤ではこれくらいが一般的なのでしょうか。

 

美原大橋

美原大橋と石狩川

さらに、ちょっと距離がありますが江別市を代表する橋「美原大橋」も見ることができます。

この日は生憎の小雨という天気でしたが、晴れた日にはさぞ気持ちの良い風景でしょう。

 

江別の歴史を支えた王子エフテックス江別工場

道内最古の工場

江別市の歴史、ひいては日本の歴史を語る上でも重要な王子エフテックス江別工場。

裏側から見える威風堂々とした工場の姿を最後に貼り付けて記事を終わりたいと思います。

 

王子エフテックス江別工場の場所アクセス地図

住所:〒067-0001 北海道江別市王子2−3−1

関連記事

こども大学えべつキャンパス

人気の記事

メリーストロベリーケーキフラペチーノ&ミルク 1

恵庭市南島松にある道の駅「花ロードえにわ」に、恵庭市内初出店となる『スターバックスコーヒー恵庭道の駅店』が年内にオープン予定となっています。 このスタバにはドライブスルーが併設される予定とのこと。 ま ...

雄別鉄道C11 1号機 2

北海道江別市から運び出される「C11 1」の様子 東武鉄道にて復元作業が進められていた蒸気機関車「C11形123号機」が2021年12月24日に復元が完了した姿で公開されました。 この蒸気機関車は19 ...

おやきクリーム 3

『大判焼き むらた』さんという「おやき」専門店が、JR江別駅から徒歩3分ほどの場所にあります。 地元民に大人気の老舗ですが、知っていないとまず気づかない店舗。そんな隠れ家的名店に行ってまいりました。 ...

シンエイパート2跡地に新店舗オープン予定 4

JR大麻駅の北口駅前にある旧パチンコ店『シンエイパート2(江別市大麻中町26−22)』の建物が一部リニューアルされ、新しいロゴ看板が付きました。 新店舗でもオープンするのでしょうか? ちなみに店舗上部 ...

名物 江別まんじゅう 5

『江別まんじゅう』は、北海道江別市でもっとも歴史が長いお菓子と言われており、なんと明治18年(1885年)から販売が続いているという銘菓です。 というわけで、『江別名物 えべつまんじゅう』を買ってきま ...

-資料館・博物館・歴史的建築物・史跡
-, , , , ,

Copyright© 【えべナビ!】江別・野幌 情報ナビ , 2022 All Rights Reserved.